記事の提供サービス実施中!

greenworksとはどんな会社?園芸やDIY用品に強いブランド!

園芸・DIY用品を見ていると、greenworksという会社が目に入りますよね。

価格も抑えめだけど、海外製品なので品質が気になる方は多いでしょう。

  • greenworksってどんな会社なの?
  • 実際製品は使えるのか使えないのか気になる
  • おすすめの商品や特徴があれば知りたい

greenworksの製品を購入しようか悩まれる方は、上記のような疑問を抱く場合もあるでしょう。

そこでこの記事では、greenworksの製品を実際に使った筆者が「greenworks社の特徴とおすすめ商品」についてまとめました。

ぜひ参考にしてくださいね。

greenworksとはどんな会社なの?バッテリー駆動式で幅広いラインナップ

引用:Amazon

greenworksは電動工具を開発しているブランドです。

取り回しが良く扱いやすい、充電式の電動工具をメインに販売しています。

屋外の作業でも使いやすいため、DIYや造園用のツールがとくに人気です。

greenworksとは

greenworksは創業からの年月が浅い、新進気鋭の企業です。

日本では購入できる商品が限られるので、greenworksを知らない方も多いでしょう。

しかしgreenworksは、海外では非常に人気が高いブランドです。

消費者のニーズに素早く対応できるよう、世界各地に子会社を所有しています。

工場は中国の広大な敷地に集約しており、工場間の連携がスムーズです。

また研究開発や製造も自社の工場で行っているため、品質が安定しています。

効率よくコストを抑えた生産体制で実現できる、リーズナブルな価格設定も人気が高いポイントです。

市場の変化やユーザーニーズに合わせた商品の改善も、柔軟に行っています。

バッテリー駆動に力を入れている

greenworksは充電式の電動工具に力を入れているブランドです。

24Vから82Vまでの幅広い範囲で、リチウムイオンバッテリーを取り揃えています。

国内メーカーが販売している電動工具のバッテリーは、18Vが一般的です。

電動工具のバッテリーは電圧が高いほど大きい力を出せます。

実は同じモーター出力の場合、電圧が高いと発熱が控えめです。

高負荷時の発熱も抑えられるため、モーターの保護停止が起こりにくくなっています。

またgreenworksのバッテリーはパワフルなだけではなく、価格の安さも魅力です。

交換用のバッテリーも販売しているので、寿命を気にせずに使えます。

さらにgreenworksのバッテリーは同じ電圧の製品と併用可能です。

ラインナップが幅広い

greenworksはさまざまな種類の電動工具を販売しています。

日本で購入する場合は、Amazonの公式ショップから購入すると手間が少ないです。

Amazonで購入できるgreenworksの電動工具から、おすすめの商品をご紹介します。

  • ガーデンバリカンセット
  • パワーブロワー
  • ドライバーセット

ガーデンバリカンセットは芝生用と庭木用の両方に使えるツールです。

ブレードをワンボタンで交換できるため、気軽にブレードを変更して活用できます。

パワーブロワーは洗車後の水滴や落ち葉飛ばしに最適です。

風量の調整が可能なので、用途に合わせた使い方ができます。

ブロワーに関しては以前商品を提供していただいたので、下記記事も参考にしてください。

ドライバーセットは、インパクトドライバーとドリルドライバーのセットです。

お手頃価格な上、バッテリーや充電器も付属しています。

greenworksの工具や園芸用品は実際どうなの?エンジン式と比べてどう?

引用:Amazon

greenworksのラインナップは、DIY用や造園用がメインです。

パワフルで扱いやすい電動工具を、リーズナブルな価格で販売しています。

そのため家庭用としてだけではなく、仕事用のツールとしても十分に活躍するでしょう。

ここではgreenworksの造園用ツールにスポットを当ててご紹介します。

エンジン式にも劣らないパワー

造園用ツールの動力源は、以下の3種類に分けられます。

  • エンジン式
  • 充電式
  • AC電源式

仕事用のツールは、ハイパワーなエンジン式が主流でした。

しかし近年では排出ガスの規制により、充電式やAC電源式の需要が高まっています。

それによりメーカーではエンジン式に劣らないパワーを持ったツールの開発が進みました。

greenworksは80Vの高電圧バッテリーを搭載した、ハイパワーなツールを販売中です。(ただし2022年3月現在では日本で販売されていない状態)

エンジン式に劣らないパワーを発揮できるため、山林業や農業用のツールとしても活躍できます。

  • 電動式チェーンソー(80V)は、45ccのエンジン式に相当するパワー
  • 80Vの刈払機だと、エンジン式26cc相当のパワー

満充電で行える作業の目安は、以下の通りです。

  • チェーンソーは最大160カット
  • 刈払機の連続で駆動できる時間は最大90分

Amazonで手軽かつ安価に購入可能!

greenworksの電動工具はAmazonで手軽に購入できます。

しかしAmazonで購入できるのは、バッテリー電圧が40Vまでの工具です。

40Vバッテリーの電動工具でも、家庭用になら十分なパワーがあります。

仕事用にする場合は、バッテリーを複数用意しておくと安心でしょう。

バッテリーもAmazonで安価に購入できます。

  • 電動式チェーンソー(40V)は19,000円程度
  • 刈払機(40V)が14,000円程度
  • 40V2ahのリチウムイオンバッテリーは7,000円前後

電動工具の使用頻度が少ない方には、24Vシリーズがおすすめです。

  • 電動式チェーンソー(24V)は18,000円程度
  • 刈払機(24V)が12,000円程度
  • 24V4ahのリチウムイオンバッテリーは7,000円前後
  • 24V2ahのリチウムイオンバッテリーは5,500円前後
greenworksチェーンソー 充電式 電動チェーンソー 24V超パワー(ブラシレスモーター/ガイドバー長305mm/4AH大容量バッテリー) コードレス 薪切り 丸太角材切断用
greenworks

24Vの電動チェーンソーも以前ご提供いただいたので、気になる方は下記の記事も参考にしてくださいね。

greenworksのデメリットや少し気になる点は?まだ日本では入手しづらい

初めてgreenworksのツールを購入する場合、デメリットが気になる方もいるでしょう。

ここでは初めて購入する方でも安心できるように、greenworksのデメリットをお伝えします。

デメリットが分かっていれば安心して利用できるメーカーなので、ぜひ検討する際の参考にしてください。

公式サイトは日本語対応が遅れ気味?

greenworksは海外に拠点があるグローバルなブランドです。

そのため公式サイトは英語で作られています。

サイトの上部にあるタブで言語を変更すれば、日本語の表記に変換可能です。

しかし全ての文字が変換される使用にはなっていないため、重要な文章しか変換されません。

項目を選ぶタブが英語表記のままなので、二つの言語が入り混じり非常に見づらいです。

まだ作られていないページもあり、掲載されている情報が不十分だと感じる方もいるでしょう。

しっかりと情報を読み込んで検討したい方には、Amazonからの購入がおすすめです。

Amazonの公式サイトなら、詳しい商品説明が日本語で記載されています。

代理店も無いので全商品は手に入りにくい

日本にはgreenworksの代理店がありません。

そのため日本でgreenworksの電動工具を入手する際は、以下の方法で購入しましょう。

  • Amazonの公式ショップから購入する
  • 海外の市場から輸入する

どちらの手段を使っても、高電圧バッテリーを搭載したツールの購入は困難です。

  • Amazonの公式ショップで購入できるのは40Vまで
  • 160Whを超えるリチウムイオンバッテリーは航空危険物に該当するため、輸入の手段が限られる

40V以下の電動工具を入手するなら、Amazonの利用が便利です。

国内メーカー品の購入と同じように、少ない手間で購入できます。

コンセプトは近い将来を意識しているので今後に期待

近年では環境問題が注目され、世界各地で排出ガスの規制が厳しくなっています。

日本も排出ガスに対する規制が厳しくなり、2020年1月には自主規制の新基準も適応されました。

そのため世界中でエンジン式から電動式への移行が進んでいます。

greenworksは再生可能エネルギーである、充電式の電動工具を開発し続けているブランドです。

エンジン式に劣らないパワーのツールも販売しているため、今後は注目度が高まるでしょう。

充電式の高電圧化が進めば、国内に流通するgreenworks製品の増加も期待できます。

greenworksは高電圧バッテリーも安価なので、国内で購入できるラインナップが増えれば人気も高まりそうです。

まとめ:greenworksは日本ではまだまだだけど今後に期待!

greenworksは充電式の電動工具を販売している、新進気鋭のブランドです。

日本で手軽に購入できるモデルは、40Vまでと制限されています。

しかし海外では80Vの高電圧ツールも販売中です。

日本でも高電圧ツールを購入できるようになれば、エンジン式に変わるツールとして活躍するでしょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村