テレビの音量って電気代に関係するの?小さくすれば節約になる?

実はテレビの音量って、大きいほど電力を消費します。

でもどれくらい消費するのか、具体的にはわからないですよね。

  • 家族が音量大きくするのでなんとか小さくしたい
  • 節約になるなら音も小さくして聞きたい
  • 便利なアイテムがあれば教えてほしい

テレビの音量でお困りになった際、上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこの記事では、「テレビの音量と電気代の関係」についてまとめました。

音量が大きな家族に対する便利アイテムもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

テレビの音量と電気代の関係とは?必要なエネルギー=電力になる

テレビの電気代は画質や機能、画面のサイズによって異なります。

出力に必要なエネルギー量によって消費電力が増減するので、大きくて高機能なテレビは電気代が高いです。

音量や明るさも、電気代に影響を及ぼします。

大きな音量を出すにはエネルギーが必要

テレビの音は、音の信号がスピーカー内を振動させることによって出力されます。

増幅した信号がスピーカーを動かし、空気に伝わった振動が音となる仕組みです。

大きな音量を出力する場合は、増幅回路で必要となる電力が増えます。

つまりテレビの音量が大きいほど電力を消費し、電気代が高くなる構造です。

同様に画面の明るさも、明るいほど電気代が高くなります。

実際どれくらい電気代に影響するの?

テレビの音量を調節した際に増減する電力は、およそ数ワット程度です。

そのためテレビの音量を調節しても、年間で数十円から数百円程度の差しかありません。

電気料金の単価は電力会社や料金プランによって異なります。

おおよその差額を知りたい方は、以下の式を使って計算してみましょう。

  1. 増減した分の電力(W)を1000で割り、電力(kW)に単位変換する
  2. 電力(kW)に電気料金の単価(1kWhあたりの金額)を掛ける

上記の式で、1時間使用した際の差額を計算できます。

1日当たりの差額を知りたい方は、1時間の差額に使用時間を掛けましょう。

明るさ調節のほうが節約には有効

増減した電力を正確に把握するのは難しいため、仮定の値を入れて計算してください。

例えば電力を2W電気料金の単価は25円と仮定した場合、1時間使用した際の差額は0.05円になります。

つまり音量の調節だけでは大きな効果が見込めず、節約の面から考えると差は少ないでしょう。

テレビの電気代を節約したい場合は、音量調節よりも明るさ調節をした方が効果的です。

テレビの音量を制限したい場合はテレビ用スピーカーを用意するといいかも?

引用:Amazon

快適だと感じる音量は年齢や性別、体質や体調によって異なります。

家族間で快適に感じる音量が異なる家庭では、テレビの音量で揉めるケースも多いです。

音は遮るのが難しいため、テレビの音量が大きいと不満も大きくなります。

そのため家族間でボリュームトラブルが生じた場合は、小さい音を好む方に合わせましょう。

大きな音でテレビを楽しみたい方には、テレビ用スピーカーの導入をおすすめします。

テレビ用お手元スピーカーとは

テレビ用お手元スピーカーは、テレビの音を出力する専用スピーカーです。

音楽用のスピーカーは音ズレしやすいため、テレビ用のスピーカーには向いていません。

テレビ用のスピーカーには、映像と音声がズレにくいテレビ専用の製品を選びましょう。

オーディオテクニカの、SOUND ASSISTお手元テレビスピーカーがおすすめです。

SOUND ASSISTは接続がかんたんな有線タイプなので、手軽に高音質の音声を楽しめます。

はっきり音機能を搭載しており、人の声も聞き取りやすいです。

家族間で快適に感じる音量が異なる場合は、テレビ用スピーカーの導入を検討してみましょう。

テレビに内蔵されているスピーカーのみでは、家族全員が快適だと感じる音量に調整するのは難しいです。

大きな音で聞きたい方が調整用のスピーカーを使えば、みんなが快適だと感じる音量でテレビを視聴できます。

テレビが遠くても音量上げずに済む

テレビ用お手元スピーカーを使うとスピーカーとの距離が近くなるので、音量を大きくしなくても聞こえやすくなります。

そのためテレビ用のお手元スピーカーは、以下のような方に最適です。

  • 老齢による聴力の衰えで音が聞こえにくい方
  • 大きな音でテレビを楽しみたい方
  • セリフやアナウンスを聞き逃したくない方
  • 家族に気兼ねせず深夜番組を視聴したい方
  • テレビから遠い場所でも、テレビの音を聞きたい方

スポーツ観戦やキッチンからの視聴時に、ボリュームトラブルは発生しやすいです。

またテレビの音量は上げすぎると、家族だけではなく近隣住民とトラブルになる場合もあります。

家庭内や近隣とのトラブルを回避するためにも、テレビ用スピーカーの導入を検討してみましょう。

まとめ:テレビの音量を下げれば電気代は下がる!でも効果は限定的

テレビの音量を下げると消費する電力が減り、電気代が安くなります。

しかし音量調節で増減する電気代は少額です。

テレビの電気代は、音量調節よりも明るさ調節の方が節約できます。

大きな音量を制限したい場合は、テレビ用スピーカーの導入がおすすめです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村