寒い季節に暖房代を節約したい…そんなときは電熱ウェアが大活躍!

冬になると暖房代ってかさみますよね、節約しようにも温度を変えると寒くて居心地が悪くなります。

そんなときは電熱ウェアを使ってみると、手軽に節電・節約ができます!

少し前までは電熱ウェアも高かったのですが、今はAmazonで3000円くらいの導入しやすさですよ。

電熱ウェアって実際どうなの?ほんとに節電にも効果があるの?

引用:Amazon

電熱ウェアは、熱を発する繊維が搭載された服です。服といっても、ベストタイプやズボンといったバリエーションがあります。

昔は専用のバッテリー使っていましたが、今はスマホも充電できるモバイルバッテリーを使うものが一般的です。

電熱ウェアはとても温かい!

実際に使用してみると、まるでこたつを背負ったような気分になります。

温度調節ができて、じんわり温かい。最高出力にすると暑いほどで、エアコンも今までの温度だと汗ばむほどです。

おそらく外で作業する方にも、最適ではないでしょうか?とくに豪雪地帯なんかはとても役立ちそうです。

意外と安い?購入しやすい価格設定

いろんな電熱ウェアが販売されており、Amazonではおよそ3000円くらいで購入できるほどの手軽さです。

ただし上記のベストだとちょっと発熱体が少なくて、人によっては物足りないと感じるかもしれません。

少し予算を上げると、もう少し発熱体が多いものを購入できます。

発熱する領域が多いほど消費電力も増えるので、暖かさを取るか稼働時間を延ばすかどっちかですね。

ベストタイプは扱いやすく便利

購入するならベストタイプが一番いいでしょう。なぜならインナーとしても使えるし扱いやすいからです。

長袖タイプのものは、結局袖口にヒーターがあるわけではないので寒くなります。

また洗濯するときも手間がかかるし、場所もとって「ちょっとだけ暖を取りたい」というときも不便です。

ベストタイプなら単体で着ても暖かいし、寒いならその上からアウターを羽織ればさらに暖かくなります。

モバイルバッテリーを忘れずに!

現在はベスト単体で販売されていることが多く、電力は別売りのモバイルバッテリーを使用するのが主流です。

容量は10000mAhのものが長く使えて、スマホの充電もできて便利。

上記のモバイルバッテリーは残量が100刻みでわかり、容量もあって非常に扱いやすいです。

大きさも小型でポケットに入りやすく、電熱ウェアのポケットにも入れておけます。

節約にも効率がいい

実際のところ部屋を温めるよりも、人を温めるほうが効率がいいです。

暖房を少し肌寒い程度にして、電熱ウェアで体を温めればかなり節約できます。

下手すれば汗ばむ程度に温まるし、そのまま外にも温かいまま出られるのでいいアイテムです。

まとめ:寒い冬は電熱ウェアを使って節約しつつ暖かく乗り切ろう!

引用:Amazon

電熱ウェアがあると、寒い冬も暖かく乗り切れます。

またモバイルバッテリーはスマホの給電にも使えるため、冬以外でも使えるのは便利ですね。

プレゼント用にも最適ですので、ぜひ気になる方はチェックしてみてくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村