ワイヤレスイヤホンで安いものをAmazonで見つけたい!どれがおすすめ?

ワイヤレスイヤホンは値段がピンキリで、選び方にコツがあります。

とはいえどんなイヤホンがあるのかさえ、わかりにくい状態ですよね。

  • Amazonで買える手軽なワイヤレスイヤホンが知りたい
  • どんな特徴があるのか教えてほしい
  • いくつかおすすめ機種を挙げて比較したい

ワイヤレスイヤホンを購入しようと思ったとき、上記のような疑問を持つ方もいらっしゃいますよね。

そこでこの記事では、「ワイヤレスイヤホンをAmazonで買うならどれがおすすめ?コスパのいいやつを!」という内容でまとめました。

初めてワイヤレスイヤホンを購入しようと思う方でも、記事を見ればどんなものを買えばいいかすぐわかりますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

ワイヤレスイヤホンは初心者にもおすすめ!導入するメリットは?

ワイヤレスイヤホンとは、スマートフォンや音楽プレーヤーに直接接続しなくても使える無線式イヤホンのことです。

そして無線式イヤホンには、大きく分けて3つのタイプがあります。

  • コードを一切使用しない、フルワイヤレスイヤホン(完全独立型)
  • 左右のイヤホンがコードで繋がっている、ワイヤレスイヤホン(左右一体型)
  • 通話に最適な、ワイヤレスヘッドセット(片耳型)

ワイヤレスヘッドセットはモノラル再生になるので、音楽鑑賞には向いていません。

そのため音楽を聴くなら、汎用性の高いフルワイヤレスイヤホンがおすすめです。

コードがないのでわずらわしさがない

有線式イヤホンを使っている方は、コードを邪魔に感じるシーンも多いでしょう。

  • コードが絡まって、イヤホンをスムーズに使えない
  • 衣服とコードの接触によって発生する、タッチノイズが聴こえる
  • スマートフォンや音楽プレーヤーから離れると、イヤホンが耳から抜けてしまう

フルワイヤレスイヤホンにはコードが付いていないので、上記のデメリットがありません。

事前に通信の設定をしておくだけで、快適に音楽を楽しめます。

運動や通勤時にも最適

フルワイヤレスイヤホンは、コンパクトで取り出しやすいです。

そのため混雑している電車内でも、手軽に取り出して使えます。

スマートフォンや音楽プレーヤーを、カバンやポケットに入れたままでも使用が可能です。

またコードがカバンや衣服と絡まって、他の方に迷惑をかける心配もありません。

体の動きを妨げるコードがないので、運動時の使用にも最適です。

好みの音楽を聴きながら、楽しく運動を行えます。

断線の心配がない

有線式イヤホンはコードの劣化が早く、曲げる力や引っ張る力に弱いです。

コードが細いので、負荷を与えると容易に断線してしまいます。

断線したイヤホンは、少し専門的な知識がないと修理できません。

しかし有線式イヤホンは安価な製品が多いため、修理せず買い替える方が多いです。

安価な製品であっても、断線の度に買い替えるのは経済的とは言えないでしょう。

フルワイヤレスイヤホンならコードが付いていないので、断線を心配せずに長く使えます。

ワイヤレスイヤホンで安いものをご紹介!Amazonで購入できるものは?

旧型のフルワイヤレスイヤホンは、バッテリーの持ちや接続性が不安定でした。

しかしここ最近のフルワイヤレスイヤホンは改善が目覚ましく、どんどん性能が高くなっています。

そのため新型の製品を選べば、安定したイヤホンを入手できるようになりました。

新型製品の中から、10,000円以内で購入できるフルワイヤレスイヤホンをご紹介します。

AVIOTのTE-D01gv

AVIOTのTE-D01gvは、高性能なイヤホンを求める方におすすめの製品です。

以下の機能により、長い時間でも場所を選ばず使えます。

  • 高音質で低遅延、音切れが少ないaptX AdaptiveコーデックやTWS Mirroringに対応
  • 接続や遅延に強い、QCC3040チップを搭載
  • 充電したイヤホンは、最大で約11時間の連続再生が可能(充電ケースを併用すると最大で約50時間)
  • 10分間の充電で、約3時間も再生できる急速充電機能つき
  • シャワーを浴びながら使用できる、IPX7レベルの防水性能

音質は日本人好みにチューニングされており、低音域がとくに良質です。

低遅延なため、音楽鑑賞だけではなく動画の視聴やゲームでも快適に使用できます。

カラーは以下の4色です。

  • Black
  • Cardinal Red
  • Ivory
  • Pearl White

SoundPEATSのTruengine2

SoundPEATSのTruengine2は、音楽鑑賞に最適なイヤホンです。

以下の工夫が施されているため、立体感のある音楽を楽しめます。

  • 高音と低音を強調する、二重の出力構造(デュアルダイナミックドライバー)
  • 三音域をバランスよく振り分ける、独自のCrossover技術
  • ノイズと音飛びが少ない、TWS Plusに対応
  • 音速や音色の良い、ベリリウム素材をスピーカーに使用

充電したイヤホンは、最大で約7時間の連続再生が可能です。

ケースを併用すれば、30時間以上も深みのある音楽を堪能できます。

長い時間装着していても耳が痛くなりにくい、シリコン素材のイヤーフックつきです。

イヤーフックが耳の骨格にフィットするため、運動中でもしっかりと耳に固定されます。

カラーは、マッドなブラックのみです。

ヤマハのTW-E3B

ヤマハのTW-E3Bは、自然な音を楽しみたい方におすすめのイヤホンです。

国内の一般的なイヤホンは、日本人の好みに合わせたチューニングが施されています。

TW-E3Aは一音一音をクリアにした、自然の音に近いチューニングです。

以下の技術を組み合わさることで、音楽の躍動感や質感が正確に伝わります。

  • 音量に合わせて音のバランスを補正する、ヤマハ独自のリスニングケア技術
  • ノイズや音飛びが少なく接続も安定しているTWS Plusに対応

音のバランスが非常に良いため、小さなボリュームでもすべての音域が聴こえます。

イヤホン単体で約6時間、ケースを併用すれば約18時間の連続再生が可能です。

カラーは以下の6色、モノトーン系とスモーキー系から選べます。

  • ブラック
  • グレー
  • スモーキーグリーン
  • スモーキーピンク
  • スモーキーブルー
  • バイオレットラベンダー

SoundPEATSのTrueAir2

SoundPEATSのTrueAir2は、リーズナブルな価格で購入できる高性能なイヤホンです。

5,000円以内で購入できるイヤホンだとは思えないほど、機能が充実しています。

  • 低遅延で接続が安定している、QCC3040チップを搭載
  • 音楽や通話の音切れが少ない、TWS Mirroringに対応
  • 音の再現度が高い、バイオセルロース素材をスピーカーに使用
  • 手軽に操作できる、タッチセンサーを搭載

充電したイヤホンは最大で約5時間、ケースを併用すると約25時間も連続で再生できます。

イヤホンの形状は、人間工学に基づいて作られたインナーイヤータイプです。

耳への負担が少ない超小型イヤホンなため、長時間の使用も苦になりません。

充電ケースも小型なので、ポケットに入れて持ち運べます。

カラーは、クリアなホワイトのみです。

cheeroのCHE-627(DANBOARD)

cheeroのCHE-627(DANBOARD)は、充電ケースにダンボーの顔がプリントされた製品です。

イヤホン本体は無地なので、人前で使っても周囲に違和感を与えません。

ダンボーファンだけではなく、個性的なイヤホンを探している方にもおすすめの製品です。

cheeroはモバイルバッテリーを扱うメーカーなので、CHE-627には超ロングバッテリーが搭載されています。

イヤホン単体は最大で約10時間、ケースを併用すれば最大180時間の連続再生が可能です。

充電ケース側面に出力用のUSBポートがついており、モバイルバッテリーとしても使えます。

バッテリー容量は2200mAh、残容はデジタルインジケータで確認可能です。

まとめ:ワイヤレスイヤホンは安い高性能な商品をAmazonで見つけよう

ワイヤレスイヤホンは、コードを一切使用しないフルワイヤレスイヤホンがおすすめです。

新型の製品は性能が高く、低価格帯のイヤホンでも接続が安定しています。

メーカーやモデルによって特徴が異なるため、好みに合ったイヤホンを見つけましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村