暑い季節の水分補給にはスポーツドリンクがおすすめな理由!

暑い季節になってくると、熱中症予防のため水分補給は欠かせません。

しかしどのような飲料で水分補給すると良いのか、詳しく知りたいですよね。

  • スポーツドリンクがなぜおすすめなのかを教えてほしい
  • そもそもスポーツドリンクってどういうもの?
  • スポーツドリンクを手作りしたい!手軽に作れるものってある?

水分補給について考えたとき、上記のような疑問を持たれる方がいらっしゃるかもしれません。

今回この記事では「スポーツドリンクが水分補給に適している理由」についてまとめました。

この記事を読むだけで水分補給にはどんな栄養素が必要で、どんな飲料を飲むと効果的なのかがわかりますよ。

どうぞ参考にしてください。

スポーツドリンクの栄養素って?どんなものが入っているの?

スポーツドリンクには水分のほか、糖質や電解質が含まれています。

汗をかいたときには水分だけではなく、エネルギー源となる糖質や電解質が失われてしまうのです。そのため一定量の汗をかいた際、速やかに補充しなくてはなりません。

ちなみに電解質は下記のとおりです。

  • ナトリウム
  • クロール
  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム

またスポーツドリンクには種類があり、大きく分けて下記の2つがあります。

  • アイソトニック飲料
  • ハイポトニック飲料

<アイソトニック飲料とは>

アイソトニック飲料は、人間の体液の浸透圧とほぼ等しい飲料です。

スポーツドリンクの浸透圧と安静時の浸透圧はほぼ同じなので、水分の吸収が素早く行われます。

そのため運動前のエネルギー補給や、運動後の水分補給に最適です。水分を早く摂りたいときに活用しましょう。

糖質は6%前後なので、飲みすぎると素早く糖質も摂取されてしまいます。飲み過ぎは注意です。

・アクエリアス

・ポカリスエット

・ビタミンウォーター

・グリーンダカラ

・ミウ プラススポーツ ブルーオアシス

<ハイポトニック飲料とは>

ハイポトニックは人間の体液より低い浸透圧で作られた飲料です。

そのため運動中の水分補給に適しており、時間をかけて水分を摂りたいときに活躍します。

また糖質が2~3%前後で作られているため、常飲するのに良いでしょう。

・ポカリスェットイオンウォーター

・ヴァームウォーター

・スーパーH2O

・アクエリアスゼロ

・アミノバリュー4000

自分でも作れるスポーツドリンク!かんたんレシピ!

わざわざスポーツドリンクを買いに行かなくても、家にあるもので作れたら良いですよね。

かんたんにできる手作りスポーツドリンクレシピを紹介します。

<レモン果汁とブドウ糖のスポーツドリンク>

材料

  • 水 1L
  • ブドウ糖 18g
  • 塩 1.5g
  • レモン果汁 50ml

水分の吸収促進は砂糖の中に入っているブドウ糖(砂糖で代用可能)によるものです。

そこでブドウ糖単体を使用すると、カロリーと糖分を抑えることができます。

レモン果汁を使えば、クエン酸やカリウムも摂取できておすすめです。

※ブドウ糖はお好みで分量を加減してください。

・ブドウ糖

<リンゴ酢を入れたスポーツドリンク>

材料

  • 水 1L
  • 塩 3g
  • レモン果汁 15g
  • 砂糖 54g
  • リンゴ酢 60g

リンゴ酢を使用すると、爽やかな口当たりのスポーツドリンクになります。

砂糖をブドウ糖に変えると分量は18gです。

<フルーツジュースを使用したスポーツドリンク>

材料

  • 水 500ml
  • フルーツジュース 500ml
  • 食塩 3g

水とフルーツジュースを1:1の割合で混ぜると、浸透圧が高くならずに吸収されやすいです。

オレンジやぶどう・りんごといったジュースでお試しください。

まとめ:水分はこまめに補給!内側から潤いを!

人間の体は約60%が水分でできています。

何もしていなくても水分は失われていくのです。

一気に水分を摂ると尿として排出されてしまう可能性があります。こまめに分けて飲むことで、効率よく吸収が可能です。

十分な潤いを持つとシワができにくかったり、痩せ体質になったりと恩恵はたくさんあります。

どうぞ水分補給はこまめにして潤いを。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村