Amazfit Band 5はコスパ抜群でスマートウォッチデビューに最適!

スマートウォッチはどれも高いものばかりと思っていませんか?

実は初心者向けに、高機能で安価なスマートウォッチデビューがあるんです。

  • スマートウォッチ初心者に最適な商品を教えてほしい
  • 具体的にどんな機能があってどんなときに役立つの?
  • できれば安く抑えつつ高機能なものがほしい

スマートウォッチやスマートバンドの導入を考えた際、上記のような疑問を持つ方もいらっしゃいますよね。

そこでこの記事では、「初心者にこそ最適なAmazfit Band 5をおすすめする理由」についてまとめました。

絶対お買い得な商品ですので、ぜひ参考にしてくださいね!

Amazfit Band 5の特徴や優れている点!初心者にも最適で扱いやすい

引用:Amazon

スマートバンドは価格の幅が広く、メーカーやモデルによって性能も異なります。

そのためスマートバンドを購入する際に、どのモデルを選ぶか悩んでしまう方も多いでしょう。

おすすめのスマートバンドは、HuamiのAmazfit Band 5です。

機能が豊富で高性能なAmazfit Band 5の、魅力や特徴をご紹介します。

軽くて邪魔にならないデザイン

Amazfit Band 5は付けたまま運動しても邪魔にならないよう設計された、リストバンド型のスマートウォッチです。

スマートウォッチの中でも、運動に適した形状の製品をスマートバンドと呼びます。

Amazfit Band 5は本体の重量が12g、ストラップを含んでも24gと軽量です。

本体の幅が18.5mm、ストラップの幅は15.55mmとスリムな形をしています。

軽量でコンパクトなスマートバンドは長い時間付けていても違和感が少なく、初めてスマートウォッチを使う方にも最適です。

またAmazfit Band 5のバンドは、肌に優しいTPU素材を採用しています。

TPUはウレタン樹脂とも言われているプラスチックの一種で、弾力性があり激しい運動をしてもズレにくい素材です。

音声アシスタントや血中酸素濃度と機能豊富

Amazfit Band 5は機能が豊富です。

たくさんある機能の中から、特に注目度が高い機能を2つご紹介します。

  • Amazon Alexaによる音声アシスタント
  • 血中酸素濃度を測定

ハンズフリーで操作できる音声アシスタントは、屋内外で使用できる優れものです。

Amazon Alexaが対応できる言語はアップグレードによって増えていき、日本語も対応言語に含まれています。

血中酸素濃度を測定する機能は、血液中に含まれている酸素の量を計測する機能です。

そのため体調が優れない時はすぐに体の状態を把握でき、体調管理や病気の早期発見に役立ちます。

防水防塵で11種類の運動モードを搭載

Amazfit Band 5は運動モードを搭載しており、運動した際のデータを記録できます。

  • 運動した距離や時間
  • 運動の速度
  • 心拍数の変化
  • 燃焼したカロリー
  • その他、運動に関わるデータ

Amazfit Band 5を付けて運動するとデータから運動効果を確認でき、効率よく運動が行いやすいです。

運動モードは11種類あり、防塵性能が高いので屋外スポーツにも対応できます。

  • ウォーキングや屋外ランニング
  • ランニングマシンやローイングマシン、エリプティカルトレーナー
  • 屋内サイクリングと屋外サイクリング
  • ヨガやフリースタイルのエクササイズ、縄跳び
  • 水泳

防水性能が高いため、水中でも使用できます。(水深50mまで)

ストレスを数値化して日頃の目安に!

Amazfit Band 5には、ストレスと上手に付き合うための機能が搭載されています。

  • ストレスを数値化する機能
  • ストレスの改善方法を提案

過剰なストレスからの回復をサポートする呼吸エクササイズ

数値化したストレスレベルを確認すると、心の状態を客観的に把握できます。

ストレスに気づくことは、心を健康にする第一歩です。

自分では気がつかなかった状態を把握できるため、原因を分析しやすくなります。

ストレスの原因を排除できない場合は、他の対処法を考えなくてはいけません。

Amazfit Band 5に搭載されているストレスの対処法を提案する機能は、心の負担を軽減させるのに役立ちます。

過剰なストレスを軽減させるために開発された、呼吸エクササイズも効果的です。

価格が安く導入しやすい

スマートバンドを購入する際は、必要な機能が搭載されている製品を選ぶと良いです。

不必要な機能が多い高価格帯の機種は、過剰な高級品に感じてしまいます。

しかしAmazfit Band 5は、スマートバンドの中でも低価格帯に位置する製品です。

豊富な機能を搭載していながら、7,000円前後で購入できます。

  • スマートフォンの通話着信やSNS通知を確認
  • スマートフォンの音楽やカメラを操作
  • タイマーやアラーム
  • カレンダーやスケジュール管理

Amazfit Band 5は健康管理やスポーツ用の機能以外にも、上記のような日常で役立つ機能も搭載しています。

実際スマートバンドってなにが便利なの?導入するメリットやデメリット

引用:Amazon

スマートウォッチやスマートバンドは、使い方に慣れてしまえばとても便利なアイテムです。

使い方のコツや活用方法を把握して、Amazfit Band 5を使いこなしましょう。

アプリと連携で運動や健康を把握できる

Amazfit Band 5を使う最大のメリットは、心身の健康管理が容易になることです。

以下のデータが個別に表示されるため、項目ごとに管理できます。

  • 心拍数
  • 血中酸素濃度
  • 睡眠の質や時間
  • ストレス値
  • 女性特有の周期
  • 運動量

一目で体の状態を把握したい方には、健康評価システムPAIがおすすめです。

Amazfit Band 5は、健康評価システムPAI6と連携できます。

PAIは心拍数や日々の活動データから、運動や健康の状況を評価するアプリです。

自分で複雑なデータを分析する必要がなく、専門的な知識がなくても一目で体の状態を把握できます。

スマホの通知を手首で確認可能

スマートフォンの通話着信やSNS通知を、Amazfit Band 5で確認できます。

手首に付けたAmazfit Band 5の画面を見るだけなので、カバンやポケットからスマートフォンを出す手間がかかりません。

Amazfit Band 5の画面は、1.1インチのフルタッチLEDスクリーン(ウォッチフェイスはカスタマイズ可能)です。

画面が大きく鮮明なため、文字が見やすく操作性にも優れています。

画像や写真をアップロードして、自分だけのウォッチフェイスを作成することも可能です。

かさばらないし充電の手間も少ない

スマートバンドは電気で動くため、定期的な充電が必要になります。

この充電にかかる手間が、スマートバンドを使用する際のデメリットです。

しかしAmazfit Band 5なら、標準的な使い方でも15日間使えます。

省電力モードで使用すれば、最大で25日間の使用が可能です。

そのため数日間の旅行や登山なら、充電器を持ち歩く必要がありません。

コンパクトなAmazfit Band 5を付けて出かけるだけで、外出先でも快適に便利な機能を使えます。

まとめ:Amazfit Band 5なら初めてのスマートウォッチに最適!

引用:Amazon

軽量でコンパクトなAmazfit Band 5は、長い時間付けていても違和感が少ないです。

そのため初めてスマートウォッチを使う方でも、快適に使用できます。

豊富な機能を搭載していながら価格が安いため、初めてスマートウォッチを使う方でも導入しやすいアイテムです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村