マスクって結局どれがいいの?ポリウレタンマスクをおすすめする理由について!

普段使うマスクを探しているなら、ポリウレタンマスクの混合タイプがおすすめです。

とはいえなぜポリウレタンマスクがおすすめなのか、わかりづらいですよね。

  • 通気性のいい使いやすいマスクを使いたい
  • 一番マスクで扱いやすい素材はどれなの?
  • おすすめのマスクも教えてほしい!

普段から使うマスクを探している際、上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「おすすめのポリウレタンマスクと理由について」をまとめました。

おすすめのマスクもまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ポリウレタンマスクをおすすめする理由!普段づかいならこれ一択!

ポリウレタンマスクは再使用が可能で、立体成型のため顔にフィットします。

また通気性が優れており、呼吸もしやすく内側に色移りの心配もありません。

ポリウレタンマスクのメリットについて

ポリウレタンマスクのメリットは、おもに以下の3つです。

  • 再利用が可能で丈夫
  • 立体成型で呼吸がしやすい
  • 耳が痛くなりにくく伸縮性が高い

とくに呼吸のしやすさは抜群で、実際に使ってみると口の前に一定の空間がある快適さに気付きます。

またポリウレタン製のマスクは耳の負担が軽減される切り抜き型になっており、長時間の使用でも耳が痛くなりません。

伸縮性は高い反面、口元の空間はしっかりと保持されるため非常に使いやすいです。

おすすめのポリウレタンマスクは混合型

ポリウレタン素材は伸縮性が低く、少し扱いづらい面もあります。

しかし現在ではポリエステルを主体にしたポリウレタンマスクが開発されており、伸縮性や呼吸のしやすさが格段に高いです。

見た目もすっきりフィットし、マスクの息苦しさで頭痛を覚える人にはぜひ装着していただきたいほど。

またカラーバリエーションが豊富なので、自分の好きなカラーをその日によって選べるのも利点です。

不織布マスクや布マスクは全然ダメなの?それぞれのメリットも合わせて考える

一般的な使い捨て紙マスクや布マスクも、現在では主流なマスクです。

しかしどれも利点があり、自分に合ったマスクを選ぶのが良いでしょう。

不織布マスクは衛生的に使用できる

紙マスクはどうしても通気性が劣るため、息苦しさを覚えやすいです。夏場は汗もかくため、熱中症の危険性も。

ほかにも意外と顔の間にスキマができやすく、ウイルスや細菌が素通りになってしまう瞬間もあると言われています。

しかしほかのマスクと比べて紙マスクは常に新しいマスクを使用するため、とても衛生的です。

またプリーツ形状になっているものが多く、顔を広く防御可能です。フィルター性能も高く、多くの飛沫を防ぎます。

紙マスクは、長時間使っても耳が痛くならないタイプがおすすめです。

布マスクはタイプによってメリットが異なる

布マスクはガーゼタイプのものがあり、こちらだと湿気を吸いやすく息苦しくなる傾向です。

形状も顔にフィットするとは言いがたく、あまり選ばれないタイプでしょう。

しかし最近ではポリエステル性のマスクが開発され、「水着素材」といった名称で販売されています。

立体成型で作られているものがほとんどで、顔へのフィット感も高いです。

ポリウレタンマスクより呼吸のしやすさは劣ると言われておりますが、肌触りが良いためこちらを選ぶ方もたくさんいらっしゃいます。

おすすめは水着素材と書かれた布マスクです。

まとめ:おすすめはポリウレタンマスクだが自分に合ったものを選ぼう!

今やマスクは必須のアイテムで、つねに装着することが望ましいとされています。

だからこそ使いやすいものを選び、効果的にウイルス対策を行っていきたいですね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村