電動ドライバーのおすすめを初心者向けに厳選!どれを選べばいい?

初めて電動ドライバーの購入を検討する場合、ポイントを押さえないと使いづらいものを購入してしまう場合があります。

とはいっても、どんなポイントを押さえればいいかわからないですよね。

  • 初心者におすすめの電動ドライバーを教えてほしい
  • 選び方で押さえておきたいポイントってなに?
  • あまり使わないからレンタルも考えている

電動ドライバーの購入を考えた際、上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「おすすめの電動ドライバーを初心者向けに厳選」した内容でまとめています。

全くの初心者でも、記事を見るだけで最適なものが購入できるようになりますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

電動ドライバーのおすすめはどれ?初心者に適した形状や種類について

家庭に電動ドライバーがあると、DIYや家具の組み立て作業がはかどります。

しかし電動ドライバーは製品数が多いため、選び方がわからずに困ってしまう初心者も多いでしょう。

まずは用途を決めること

電動ドライバーを購入する際にポイントとなる選び方は、以下の3項目です。

  • 使う人
  • 使う場所
  • 使い方

電動ドライバーにはプロ用とDIY用があるので、初めて使う方はDIY用の製品を選びましょう。

女性や手の小さい方は、手のひらに収まりやすい小型タイプが扱いやすいです。

軽量で小型のコードレスタイプは、狭い場所や高所でもスムーズに作業できます。

また使いたいネジ山にぴったりはまる、ドライバービットが付属しているかどうかも重要です。

※電動ドライバーの先端に付ける、プラスやマイナス型のパーツをドライバービットといいます。

さまざまなサイズのドライバービットがセットになっている製品は汎用性が高く、使いやすいためおすすめです。

インパクトやドリルの違い

電動ドライバーは機構の違いによって、2種類に分かれています。

  • 電動ドリルドライバー
  • インパクトドライバー

どちらもネジを締める工具ですが、締め付ける力が異なります。

電動ドリルドライバーは、負荷が掛かると空回りする機構のついた工具です。

速度や力の調整が可能なため、ネジ山が潰れにくく初心者でも安心して使えます。

また電動ドリルドライバーはドリルビットを取り付けると、電動ドリルとしても使用可能です。

ネジ用の下穴もあけられるので、1台でネジ締め作業が完結します。

インパクトドライバーは負荷が掛かると回転方向に打撃を与える機構のついた、ネジ締めに特化した工具です。

大物家具に使用する長くて太いネジも、パワフルに締め上げます。

電源も大切!充電式やAC電源タイプ

電動ドライバーの電源タイプを大きく分けると、以下の2種類です。

  • 充電タイプ
  • AC電源タイプ

充電タイプはコードレスなので、使う場所を選びません。

しかしバッテリーの残量によって使える時間が異なるため、長い時間使う場合は注意が必要です。

AC電源タイプは軽量でリーズナブルな価格の製品が多く、長い時間使ってもパワーが安定しています。

ただしコードが邪魔になる場所では扱いにくく、コンセントから離れた場所で使う際は延長コードが必要です。

使う場所や用途に合わせて電源タイプを選びましょう。

電動ドライバーのおすすめ!初心者の方でもすぐに扱える商品9選!

電動ドライバーは仕事で使う方も多いため製品の種類が多く、市場ではプロ用とDIY用が混在しています。

そのため初めて購入する方は、自分にあった製品を見つけるのが大変です。

初心者でも扱いやすい製品を、3つのジャンルに分けて紹介します。

充電式で選ぶ3選

充電式は使う場所を選ばないので、野外や高所で使う予定の方は充電式を選びましょう。

パワーがあるリチウムイオンバッテリーを搭載した製品の中から、初心者向けのコンパクトな製品を紹介します。

ブラックアンドデッカー 充電式ドライバーPLR3602-JP

ブラックアンドデッカーのPLR3602-JPは、使う場所に合わせて形を変えられる電動ドライバーです。

ボタンを押すだけでグリップの位置が変わり、L型からI型に変更できます。

LEDライトが4灯も付いているため、狭くて暗いスペースの作業もしやすいです。

また初心者でもネジ山を潰しにくい、パワー調節機能が付いています。

ドライバービットが10本付属しているので、購入後すぐに使用可能です。

ブラックアンドデッカーの充電式ドライバーは、3,000円前後で購入できます。

KIMO 電動ドリルドライバー20V

KIMOの電動ドリルドライバー20Vは、収納バックやビットが付属しているドライバーセットです。

ドライバー用とドリル用のビットが合計41本も入っているため、購入した後すぐに使えます。

回転スピードは作業内容によって低速モードと高速モードの切り替えができ、スイッチの押し込み具合で無段調節が可能です。

パワー調節機能は21段のダイヤル式、パワーや回転スピードを調節しながら繊細な作業ができます。

20Vのリチウムイオンバッテリーは、同じメーカーの20Vシリーズと共用可能です。

KIMOの電動ドリルドライバー20Vは、6,500円前後で購入できます。

マキタ 充電式ドライバドリル10.8V

マキタの充電式ドライバドリル10.8Vは、回転スピードを調節できる高性能な電動ドライバーです。

低速モードと高速モードを切り替え、スイッチの押し込み具合で無段調節します。

付属しているビットが1本なので、ほかのビットが必要な方はビットセットを買い足しましょう。

マキタからは交換用ビットセットが多数販売されているので、使いたいビットをかんたんに見つけられます。

また10.8Vのリチウムイオンバッテリーは、同じメーカーの10.8Vシリーズと共用可能です。

マキタの工具は種類が多く、10.8Vシリーズもラインナップが豊富。

そのため家庭で使う電動工具を、マキタで揃えたいと考えている方にもおすすめです。

ソフトケース付きの充電式ドライバドリル10.8Vは、10,000円前後で購入できます。

小型で格安な商品3選

小型の電動ドライバーを購入する際は、ドライバービットがセットになっている製品がおすすめです。

電動ドライバー用の工具がケースに収まるため、コンパクトに収納できます。

ボッシュ 電動ドライバーIXO6

ボッシュのIXO6は、別売のアダプターを装着できる汎用性が高い電動ドライバーです。

スイッチの押し込み具合で回転スピードが変わるため、初心者でもかんたんに操作できます。

Micro-USBで手軽に充電できる、3.6Vのリチウムイオンバッテリーを内蔵。

別売のトルクアダプターを装着すればパワー調節も可能になり、繊細な作業でも活躍します。

ドライバービット10本と工具ケースが付属したIXO6標準セットは、6,000円前後で購入可能です。

標準セットにドリルアダプターとドリルビット3本が付属しているドリルセットは、8,000円前後で購入できます。

DIY-Girls DIY女子専用 充電式電動ドライバーセット

DIY-Girlsのドライバーセットは、手の小さい方や力が弱い女性でも扱いやすいように作られています。

420gと軽量でコンパクトな電動ドライバーは、手に収まりやすく長時間使っても疲れにくいです。

加えてパワー調節機能が付いているためネジ山を潰しにくく、初心者でも安心して使えます。

ビットを装着するソケットはワンタッチ式なので、ビットの交換がかんたんです。

また工具ケースの中にはドライバービットやドリルビット、六角ソケットが44種類も入っています。

カラーはピンクとグレーの2色、DIY女子専用と謳っていますがDIY男子も使用可能です。

DIY-Girlsのドライバーセットは、4,500円前後で購入できます。

アトラス ホームツールセットATSH-67P

アトラスのホームツールセットは、使用頻度の高い工具がひと通り揃っている便利な工具セットです。

電動ドライバーやビットだけではなく、軽作業で使う手回しドライバーやペンチも入っています。

日曜大工にも活用するハンマーやメジャー、愛車の整備に使えるレンチやニッパーも付属。

付属しているすべての工具が小さめなので、初心者でも扱いやすく軽量です。

全67種類の工具がケースに収まっているため、かさばりがちな工具をコンパクトに収納できます。

アトラスのホームツールセットは、6,000円前後で購入可能です。

AC電源式で選ぶ3選

AC電源式の電動ドライバーは、パワーや回転スピードが安定しています。

そのためコードが邪魔になりにくいコンセントの近くや作業台で使う場合は、充電式よりも使いやすいです。

充電式よりも軽量でリーズナブルな価格の製品が多いため、使用場所が限定されている方は購入を検討してみましょう。

リョービ ドライバードリルキット

リョービのドライバードリルキットは、14種類のビットや六角ソケットが付属しているドライバーセットです。

工具ケースの中にビットや六角ソケット、電動ドライバーがコードごと収まります。

スリムでコンパクトなケースなので、スキマ収納も可能です。

素手で締め付けてビットを固定するため、手軽にビットを交換できます。

20段のパワー調節機能が付いているため、初心者でも繊細な作業が可能です。

リョービのドライバードリルキットは、5,000円前後で購入できます。

ブラックアンドデッカー コード式ドリルドライバーKR112(ASIN:B00PIAJNWI)

ブラックアンドデッカーのコード式ドリルドライバーは、パワーや回転スピードを細かく調節できる電動ドライバーです。

パワー調節機能は24段、回転スピードはスイッチの押し込み具合で変わります。

初心者でもかんたんに操作でき、ネジ山を潰しにくいです。

ビットの固定を手締めで行うため、ビット交換用の工具は必要ありません。

片側がプラス型、もう一方はマイナス型の両頭ビットが2本付属。

同じメーカーの交換用ビットセットも販売されているので、使いたいサイズのビットを手軽に購入できます。

ブラックアンドデッカーのコード式ドリルドライバーは、3,500円前後で購入できます。

マキタ ドライバドリルMDF001

マキタのMDF001は、高速回転もできる高性能な電動ドライバーです。

回転スピードには低速モードと高速モードがあり、作業内容によって切り替えて使えます。

20段のパワー調節機能も付いており、初心者でも精度の高い締め付けが可能です。

付属しているビットはプラスのドライバービット1本のみなので、他のビットを使いたい方は買い足す必要があります。

同メーカーの交換用ビットセットは多数販売されているため、使いたいビットが入っているセットを購入しましょう。

マキタのMDF001は、9,000円前後で購入できます。

電動ドライバーのレンタルは可能?使う期間が限られるなら候補に

電動ドライバーを引っ越しの前後だけ使いたい方や、組み立て式の大型家具が届く当日だけ使いたい場合はレンタル工具も検討してみましょう。

レンタルなら工具にかける費用を抑えつつ、便利な電動工具を使えます。

電動ドライバーをレンタルするメリット

レンタル工具なら使った後は返すだけなので、収納場所は必要ありません。

またリーズナブルな価格で工具を貸し出している企業もあるため、気軽に電動工具を使えます。

電動工具は高価な製品が多く、頻繁に使わない方は購入するか迷ってしまうでしょう。

工具の使用感を確かめてから購入したい方にも、レンタル工具はおすすめです。

レンタルできる場所は?

工具は以下の場所でレンタルできます。

  • 大型のホームセンター
  • レンタルサービスのあるDIYショップ
  • インターネットのレンタルショップ

ホームセンターでのレンタルは、ワークスペースとセットでレンタルする店舗が多いです。

工具だけレンタルしたい方は、近隣の店舗に問い合わせてください。

インターネットでレンタルする場合は、往復送料が別料金のショップもあります。

そのため金額を比較する際は、送料も含めた金額で検討しましょう。

まとめ:【電動ドライバー】おすすめは初心者でも扱いやすい小型タイプ

初めて電動ドライバーを購入する方には、小型で軽量な電動ドリルドライバーをおすすめします。

コンパクトな電動ドライバーなら手が小さい方でも扱いやすく、狭いスペースでも使えますよ。

場所を問わず使いたい方は充電式を、室内で安定して使いたい方はAC電源式を選びましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村