気になる台所周り!ガスコンロの掃除で時間短縮する簡単なコツとは!?

台所はどうしても汚れます。

お料理の得意な主婦なら、毎回台所に立ってお料理をするでしょう。

油汚れや煮こぼれ、焦げ付きでガスコンロの周囲はべたべたになります。

汚さないようにするのは無理ですから、ガスコンロをきれいにする方法を考えましょう。

まずこびりついた焦げやべたつきをピカピカにする方法と、

日々のお手入れで汚れをためない方法をご紹介します。

頑固な汚れのガスコンロを掃除したい!焦げてべたついたコンロ周りをピカピカにする方法

ちょっと水拭きしたぐらいでは取れない、油汚れや焦げ付きには以下の物を試してみてください。

  • 重曹小さじ1に水100㏄を混ぜてスプレーボトルに入れた物
  • 重曹を小さじ3に水小さじ1程度を混ぜた重曹ペースト

軽い汚れならば重曹スプレーを吹き付けてスポンジでこすり、雑巾拭きをすれば綺麗になります。

ひどい汚れには重曹ペーストを塗り付けて、しばらく放置してからスポンジで擦ります。

水拭きをして乾拭きをするのが原則です。

さらに汚れが取れない五徳は、鉄製のフライパンなどに水100㏄につき小さじ1程度の重曹を入れます。

これを五徳を入れて火にかけて15分ぐらい煮ます。

冷めるまで放置しから、スポンジやタワシでこすり洗いをしてください。

その後水洗いをして乾拭きすれば見違えるほど綺麗になります。

大変なガスコンロの掃除時間を節約!身近なアイテムを使ってコンロをベタつかないようにするには!?

ガスコンロは焦げ付きや油汚れがこびりつくと掃除は大変ですね。

これを防ぐには日々のお手入れが決め手です。

ガスコンロを使ったらまだ余熱が残っているくらいの時に、濡れ布巾でさっと拭くことが肝心です。

アクリルタワシを用意しておいて、ちょっとした汚れでも擦るだけでOKです。

汚れが酷い場合は重曹をスプレーするか、ペースト状の重曹を塗り付けてから擦ってみてください。

その後水拭きと乾拭きするのがお勧めです。

こびりつく前に汚れを退治することです。

やはり、「すぐする、すぐ済む」の原則を実行したいものです。

そうすれば翌朝台所に立った時にも、気持ち良くお料理に取りかかれます。

まとめ

頑固なガスコンロ周りの焦げやべたつきは、重曹スプレーや重曹ペーストを使って綺麗にしましょう。

毎日コンロを使ったら、汚れがこびりつかないうちに濡れ布巾で拭いておきましょう。

毎日のお手入れが、コンロ周りの掃除を楽にする鍵です。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村