オリーブオイルの健康効果とは?身近にも取り入れやすいいい油を知る

f:id:uenoyou111:20190102235743j:plain

日本でも健康にいい油としてすっかり食卓の仲間入りをしているのがオリーブオイルです。

スーパーに行っても、何種類もオリーブオイルが並んでいますね。

オリーブオイルのどんなところが健康にいいのかなどを紹介しましょう。

栄養分がたくさん残っている

オリーブオイルの種類にもよりますが、基本的には熱を加えずに作られています。

脂肪酸やビタミン、ポリフェノールなど、オリーブの実の栄養が壊されずにたっぷりと残っています。

他の植物油は加熱して作られていますから、熱で栄養が壊れてしまっています。

それらと比べるとオリーブオイルは栄養価が高いのが特徴ですね。

不飽和脂肪酸が豊富

脂肪酸には温度が低いと固まってしまう飽和脂肪酸と、低温でも固まらない不飽和脂肪酸があります。

飽和脂肪酸は血流が悪くなったり血管を詰まらせたりしますが、不飽和脂肪酸はそんな心配がありません。

オリーブオイルはこの不飽和脂肪酸が豊富に含まれていますが、健康を害するリスクが低いです。

サラサラな油ですから悪玉コレステロールもたまりにくく、生活習慣病予防などに役立ってくれます。

抗酸化作用で老化を防止

オリーブオイルに含まれている脂肪酸は、酸化しにくいタイプのものです。

また、抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノールなども含まれています。

りんごが空気に触れて酸化してしまうと、色が変わってパサパサになりおいしくなくなります。

人の体の中でも同じようなことが起こっていて、酸化は体の老化を進めてしまいます。

酸化しにくい油で酸化を防止する働きがあれば、老化を防いでくれて老け込むのを遅らせてくれます。

いつまでも元気な体でいられて、健康維持には理想的です。

生活習慣病を予防する

脂肪酸のオレイン酸やリノール酸が豊富ですから、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やしてくれます。

高血圧や動脈硬化などあらゆる生活習慣病を予防してくれて、健康な体でいられます。

細胞の酸化も防いでくれますから、体の衰えを食い止めてくれます。

体が正常な機能を保ちやすくなりますから、生活習慣病予防を始めとして色んな病気の予防にもなります。

胃腸の働きをよくする

植物由来の天然の油ですから、胃腸に負担をかけにくく胃酸が必要以上に出るのを防いでくれます。

胃のむかつきや消化不良などを起こしにくく、胃の健康を維持してくれます。

腸内では油の効果でスムーズに老廃物が移動しやすくなりますから、腸が刺激されて活発に活動してくれます。

食物繊維も含まれていますから腸内環境を整えてくれて、便秘や下痢の改善に効果的です。

腸内環境を改善してコレステロールを減らすことで、肥満防止にもなります。

肌のアンチエイジング効果

女性にはうれしい美容効果として、肌の老化を防いでくれます。

たっぷり含まれた脂肪酸が肌の保湿効果を高めてくれて、潤いとハリのある肌をキープできます。

ポリフェノールがコラーゲンの生成を助けてくれますから、しわやたるみなどの防止にも役立ちます。

抗酸化作用で活性酸素を抑えてくれて、アンチエイジング効果が得られます。

代謝アップになるビタミンEも含まれていますから、ターンオーバーが活性化されて若々しい肌でいられます。

まとめ

オリーブオイルは加熱せずに取れる油ですから、そのまま料理にかけたりして手軽に取り入れられます。

高品質なものほど健康にもいいですから、精製度が高いピュアなエクストラバージンオイルを選びましょう。

1日にスプーン1杯程度で十分ですから、続けやすいですね。

油ですからカロリーはそれなりに高く、取り過ぎには十分に注意しましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村