糖尿病で目が見えなくなった…?原因である網膜症についてのまとめ

f:id:uenoyou111:20190103215500j:plain

糖尿病になり、目が見えなくなったという話を聞いたことがあるかもしれません。

それは網膜症と呼ばれるもので、どういった症状か?原因などをまとめていこうと思います。

網膜症の原因

糖尿病によって網膜症になる原因は、血中の糖分が邪魔をして網膜の血流が悪化することから始まります。

当然ですが、網膜の血流が低下すれば細胞は酸欠に陥ってしまいますよね。

それを補うために、体は新生血管という新しい血管を作り出します。

しかし新生血管は非常にもろく、少しの刺激や血圧上昇で破れやすいのです。

その結果、眼球内で血管が破裂し大量の血液が流れ込むことなどで失明に至ります。

網膜症の進行、症状

網膜症の進行は、3段階に分けられています。

1段階目は、比較的初期の段階である「単純糖尿病網膜症」。

血液中の糖分が網膜の毛細血管を傷めてコブをつくったり、血液や脂質が網膜に小さく漏れ出たりしますが、この段階では自覚症状はありません。

2段階目は「前増殖糖尿病網膜症」。

網膜に酸素が行き渡らなくなって虚血部分ができ、血管が詰まることで白い塊がみられるようになります。

この段階でかすみ目などの症状が現れることがありますが、疲れ目や老眼と勘違いして放置すると最終段階の「増殖糖尿病網膜症」に移行します。

増殖糖尿病網膜症

最終段階「増殖糖尿病網膜症」では虚血を補うための新生血管ができたり、それが破れることで眼底に出血が起きたりして視力に障害をきたします。

網膜症の体験談でよく言われる「視界に真っ赤なカーテンがかかった」「視界全体が真っ赤に染まった」は、この段階で網膜の新生血管が破裂し大出血に至ることで起こります。

眼底に大量の出血が起これば光が網膜に届かなくなり、眼の中に「増殖膜」ができて網膜が引っ張られることで網膜剥離により失明に至ることもあります。

網膜の「黄斑」という一番大事な部分に病変ができると急激に視力が落ち、失明の大きな原因にもなります。

網膜症の治療

網膜症治療の基本は、これ以上悪化させないこと、進行を食い止めることです。

初期の段階では血糖値のコントロールを徹底することで進行を止められますが、進行してしまうとレーザーで網膜を凝固させる治療や硝子体を除去する手術が必要になってきます。

網膜症の検査

網膜症の検査は眼科で行います。

専用の機械で眼底の写真を撮れば初期の病変も分かりますが、出血が激しく眼底が見えない時はエコーを使っての検査も行われています。

網膜症にならないためには

網膜症にならないためには、まず糖尿病にならないための生活改善が大切です。

食事でカロリーを摂りすぎないこと、早食いに注意、血糖値の上がりやすさであるGI値の高い食材に気を付けることです。

ウォーキングなどの軽いもので良いので、運動を長く続けることも大事。

どか食いをしないためにも、食事以外でストレスの上手な発散方法を見つけることも忘れないように。

まとめ

既に糖尿病を発症してしまった場合は、医師の指導のもとに治療を受けて血糖値をコントロールすることが大切。

血糖値だけでなく、最近の血糖値を反映するHbA1cの値も改善する必要があります。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村