死につながる恐ろしい心筋梗塞って?症状や予防策についてのまとめ

皆さんは心筋梗塞についてご存知でしょうか。

名前だけ聞くとぼんやりと理解している方が多いと思いますが、そこまで詳しい人はいないはずです。

心筋梗塞は死に繋がる非常に怖い病気であり、恐ろしい病気です。そんな心筋梗塞について、症状についてや予防策などを説明します。

是非、参考にして頂き出来るだけ心筋梗塞にならないよう心がけるようにしましょう。

心筋梗塞とは?

まず、心筋梗塞の簡単な概要について説明します。簡単に説明すると、心臓の細胞が壊死した状態の事です。

これは心臓への血液が不足した結果発症するのですが、動脈硬化が引き金となり発症することが多いとされています。

胸が痛むことから気付くことが多いようです。胸が痛むレベルになるのはかなり症状が進んでしまっている状態です。

そのため、痛みの自覚症状が出るまでその他の検知できる症状が少ない事が大きな特徴です。

早期発見が何よりも大事

もちろん、早期発見により心臓への影響は少なくなります。

そのためにも定期的に血液検査などの検診を受けるようにし、早期発見を目指すようにしましょう。

心筋梗塞はがん、脳卒中と並び日本の三大死因の一つとされています。

歳をとるにつれてそのリスクが高くなると言われており、世間的にも注目されている病気と言えます。

心筋梗塞の原因

続いて、原因について細かく説明します。

先ほど簡単に説明しましたが、原因についての大きな要因は動脈硬化です。

心臓は、主に筋肉からできている臓器です。

その心臓に全身の血液が流れるよう血管が流れていますが、この動脈に血栓ができることで血が流れににくくなり心臓が部分的に壊死していまいます。

コレステロールなどが原因で血管が狭くなり血栓ができるようで、長年の食生活の乱れなどが原因で発症することも多いです。

健康診断などで検知できる、高血圧などに引っ掛かる人は要注意です。

日頃から気にかけることで予防も出来る

その他にも糖尿病や高脂血症などの方は心筋梗塞になる可能性が高いので、出来るだけ症状が悪化しないように医者の方に診てもらうことが必要です。

喫煙やアルコールの過度な摂取をされている、あるいは肥満気味の方も要注意です。

これらの方は、血液へ影響を及ぼす可能性が非常に高く、血管の状態が非常に悪い可能性があります。

よって出来るだけ、これらを改善するように心がける必要があります。

年配の方で、肥満気味、喫煙をしているという場合は非常に危ないですので、日ごろの生活を見直す必要があります。

症状について

続いて、心筋梗塞の具体的な症状について詳しく説明します。

外的な症状はわかりづらいです。

ただ、激しい胸の痛みを引き起こします。胸がズキズキ痛むというよりも胸がギュッと締め付けられるという感覚が大きいようです。

通常の生活に影響がでるほど強い痛みに襲われるケースもありますが、そこまで痛みが強く出ないケースもあるようです。

これは、個人差があり痛みがあまりないためか気にしない人もいるようです。

頻繁に胸が痛む場合は、早急に医者に診てもらう必要があります。

まとめ

治療法としては、ひどい場合は手術で回復させます。カテーテルを使った治療が多いようです。

早期の場合は、薬の処方で良くなるケースがあるようです。ただし、再発する可能性もあるので根本となる高血圧などの症状を改善する必要があります。

どちらにしろ社会復帰には時間がかかるので日ごろから気を付けるようにして下さい。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村