糖尿病の治療マーカー「HbA1c」とは?治療の指標として役立ちます

f:id:uenoyou111:20190103212111j:plain

聞き慣れない言葉かもしれませんが、「HbA1c」を知ることで治療に役立ちます。

ここでは「HbA1c」についてまとめました。リアルタイムではなくここ最近の指標となるため、とても参考になる項目です。

是非参考にしてください。

HbA1cとは?

HbA1cとは、血糖値と同じく糖尿病のマーカーとなっている検査項目です。

血中にある赤血球はヘモグロビンを含んでいますが、それはグルコースと結合して「糖化」することでHbA1cとなります。

当然ですが、血中のグルコースが多ければその分糖化するヘモグロビンも増えますよね。

そのため、HbA1cは糖尿病の治療指標として役に立つのです。

HbA1cと糖尿病の関係

血糖値がリアルタイムでの血中の糖分量をみる検査である一方、HbA1cは「2ヶ月前までの血糖値コントロールの成果」が反映されます。

何故なら、ヘモグロビンを含んでいる赤血球は寿命120日とある程度の長さがあるからです。

血糖値は前日~当日の食事内容によって変動しやすいため、糖尿病の治療が上手くいっているかの判断基準には不向きです。

が、ここ最近の血糖値が反映されているHbA1cは治療の成果を判定するのに適しています。

また、糖尿病は現代の医学で完治することはなく一生の付き合いになる病気であるため、診断には慎重にならなければいけません。

たまたま当日に甘いものをたくさん食べて一時的に血糖値が上がっただけなのに、その1回の検査だけで糖尿病だと判定してしまう訳にはいきませんよね。

同時にHbA1cの検査を行っておけば、「ここ数ヶ月ずっと血糖値が高い状態が続いていた」という明確な証拠になるため、より確実な診断ができます。

HbA1cの検査について

HbA1cは、血液検査で簡単に分かります。

わずか数mlの血液をNaF(フッ化ナトリウム)入りの小さな試験管に1本取る、これで血糖値とHbA1cをセットで測定できます。

そのままでは血液中の糖分を赤血球がエネルギー源として使ってしまうため、正確な血糖値が出ません。

これを防ぐため、糖尿病検査用の試験管にはNaFがあらかじめ含まれています。

糖尿病の検査だけならNaF入りの小さな試験管一本だけの採血になりますが、他の検査が必要だと主治医が判断すれば生化学的検査や血液学的検査が同時に行われます。

糖尿病外来のある大きな病院なら検査室に専用の機器があることがほとんどです。

受診時に採血すればその日のうちに結果が出て、結果をもとに主治医から指導を受けることになります。

HbA1cを下げるために何をすればいいか?

HbA1cを下げるためには、地道に血糖値のコントロールを続けるしかありません。

赤血球は約120日の寿命があるため、糖化した血中のヘモグロビン自体が入れ替わるのにはどうしてもある程度の時間がかかります。

「血液検査対策を受診前の数日だけ頑張る」といったやり方では主治医にはすぐにバレてしまいますし、治療を受けている自身のためにもなりません。

食事制限や運動から逃げてしまいますと、あとで合併症に苦しむのは自分自身ということになります。

まとめ

失明してしまったり、足が壊死したりしてしまってからでは遅すぎます。

血糖値とHbA1cの両方の検査で良い値が出るよう、治療に励みましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村