体にいい影響を与える?いや、バランス次第!善玉コレステロールとは?

f:id:uenoyou111:20190109012308j:plain

コレステロールは、人間の体の細胞の膜を作っているほかに性ホルモン、副腎皮質ホルモンや胆汁酸などを作る材料にもなっています。

また、ビタミン類などを代謝する役割ももっているので人間の身体にとって、大変重要なものです。

今回はこのコレステロールの基礎知識と、善玉コレステロールについてまとめていきます。

コレステロールについて

人間はコレステロールを、食品から摂取しています。

体内のコレステロールの量は、恒常性によって一定に保たれているのですが、何かの原因により血液中のコレステロール量が増加します。

すると、動脈硬化などが起こって様々な病気の原因となるのです。

悪玉と善玉の違い

コレステロールは血液に流れ込むとたんぱく質と結合し、リポたんぱく質になります。

リポたんぱく質にはいくつか種類があり、特に重要なのは低比重リポたんぱく質とも呼ばれるLDLコレステロール。

それと、高比重リポたんぱく質とも呼ばれるHDLコレステロールです。

LDLは悪玉コレステロールと呼ばれますが、肝臓で作られたコレステロールを全身に運んでくれます。

一方HDLは善玉コレステロールと呼ばれて、余ったコレステロールを回収する役割を持っています。

悪玉コレステロール

LDL(悪玉)コレステロールは増えすぎると血中に溜まり、動脈の内側の壁に入り込み蓄積するので、動脈硬化の原因となり得ます。

でも少なすぎても脳出血の原因にもなるので悪玉と呼ばれますが、それ自体が体に悪影響を及ぼすのではなく、どちらも体を作るのに欠かせない物質なのです。

善玉コレステロール

善玉コレステロール(HDL)は体の健康にとっても良いというイメージを抱いてしまいがちですが、数値が高すぎても低すぎてもやはり体に影響が出てきます。

善玉コレステロールと呼ばれる高比重リポたんぱく質HDLは、小腸などで作られ、動脈の内側に溜まったLDLコレステロールを取り除く働きがあります。

そのまま肝臓に回収してくれるので、動脈硬化を防ぐことに繋がるのです。

バランスが必要

悪玉のLDLコレステロール値が高すぎたり、善玉のHDLコレステロール値が低すぎても動脈硬化の可能性が高くなってしまう…バランスが必要なのですね。

善玉のHDLコレステロール値だけが高いという場合も、コレステロールの70%~80%が作られている肝臓に何か問題が起こっている→肝機能低下?ということになるのです。

HDLコレステロール値が基準値を大幅に超えている場合は、高HDLコレステロール血症や家族性CETP欠損症、原発性胆汁性肝硬変などの病気の疑いがあります。

コレステロール改善のためには

そして高コレステロール値改善のためには、高コレステロール食品を減らすだけでなくて食生活全般において改善し、適度な運動をすることも必要なんです。

飽和脂肪酸、トランス脂肪酸、コレステロールの3種類の脂肪分が含まれる食品を避けましょう。

飽和脂肪酸はカップ麺や、鶏肉の皮、バター、ラードなど、トランス脂肪酸は、スナック菓子やマーガリンなど多いです。

卵黄、するめ、いくらなども避け、コレステロールを取り込み排出する植物繊維を多く含むキノコや海藻類、玄米や大豆、野菜などを積極的にとるようにしましょう。

そして喫煙が善玉コレステロール値を下げるために禁煙を、また適度な運動が善玉のHDLコレステロールの数値を上昇させるのでおすすめです。

まとめ

バランスの良い食事と運動でコレステロール値を減らし、悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスもとった健康な体になりましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村