悪玉コレステロールって何?コレステロールを意識して健康生活へ

f:id:uenoyou111:20190103212518j:plain

「悪玉コレステロール」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

けれど一体何なのか、体にどのような影響があるのか、そしてその予防は?ということについてお伝えします。

悪玉コレステロールとは何か

そもそも「コレステロール」はホルモンの元となるもので体を維持していくために欠かせない存在です。

しかしこのコレステロール、正体は「油」です。

このコレステロールを全身の細胞へ運ぶのはLDLといい、リポタンパク質と呼ばれるものです。

コレステロールは蓄積すると動脈硬化や心筋梗塞を引き起こします。

よってLDLに運ばれるコレステロールを悪玉コレステロール(LDLコレステロール)。

逆にこれを防ぐために肝臓へせっせと運ぶのはHDLなので、HDLに運ばれるコレステロールは善玉コレステロール(HDLコレステロール)と呼ばれています。

悪玉コレステロールの影響

悪玉コレステロールが多いと体にどのような影響があるのでしょうか。先ほど少し触れましたが悪玉コレステロールは油、つまり脂肪分です。

悪玉コレステロールが多いということは全身に留まる油が多いということ。体の中で脂質をうまく処理できなくなった状態になってしまいます。

これが脂質異常症と呼ばれるものです。脂質異常症自体は自覚症状がありませんので放置されがちです。

しかし確実に動脈硬化へと近付いていきます。

動脈硬化

脂質異常症になるとコレステロールが血管の壁に付着するようになり、やがて動脈硬化を引き起こします。

動脈硬化とは簡単に言うと血管の老化です。血管の道が狭くなり詰まってしまう病気です。

脂質異常症は自覚症状がないからといって決して放置してはなりません。

動脈硬化の他にも脳卒中や狭心症、心筋梗塞など命の危険がある病気と関連が深いです。

だから悪玉コレステロールの数値が高くなると怖いのです。

悪玉コレステロールを増やさないようにする工夫は?

それでは悪玉コレステロールを増やさないためにはどうすれば良いのでしょうか。

まず一つめはコレステロールの多く含まれる食品を食べすぎないようにすることです。

動物性のレバーや鶏卵、いくらやタラコなどの魚卵、うなぎなどにはコレステロールが多く含まれます。

これら取り過ぎないようにし、食物繊維の豊富な食材を取り入れると良いです。

あくまでも取り過ぎないようにすることが大切で、コレステロールの多く含まれる食品にも必要な栄養素が含まれていますので食べ過ぎなければ問題ありません。

バランスを意識するようにしましょう。

ビタミン類・運動も意識すべき

そしてビタミン類の摂取も効果的です。

動脈硬化を予防する働きがありますので、ビタミンCやEは積極的に摂取すると良いです。次に適度な運動をすることです。

運動をすることで善玉コレステロールを増やすことができます。健康や美容において運動は大切なことですので無理ない範囲で取り入れるとよいでしょう。

まとめ

悪玉コレステロールが増えると怖いです。

しかし何事もバランスが重要です。バランスの良い食事、健康的な生活を心がけていれば問題ありません。

少しの意識で健康的に生活をしていきましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村