フレッシュなビタミンCはグリーンスムージーで摂取しましょう

f:id:uenoyou111:20181226232837j:plain

ビタミンCを効率よく摂取することはとても健康に良いことです。

基本的に食事で取り入れるのが自然な形ですが、忙しくて不規則な生活が続くと食事のリズム(食べる時間や中身)が整わず、肌や体調にそのまま影響してしまいがちですね。

そんな時には『より多くのビタミン、とくにビタミンCを摂取していかない!』と意識する方は多いでしょう。

ビタミンCを効率的に取り入れる

サプリメントでも良いんです。

ビタミンCの入ったドリンクだって十分に強い味方です。

しかし体内に入った時、ビタミンCを効果的に体に取り入れより良い働きをしてもらうためには、どうしたら良いのか。

一つの答えとして、ビタミンAとビタミンEを一緒に摂取してお互いに補い合うようにするのが良いそうです。

この組み合わせは、ビタミンACE(エース)と覚えるのが良いでしょう。

ビタミン同士の組み合わせ

もっとも簡単にその取り方を考えると、ビタミンC単体よりもマルチビタミンと言われる、さまざまなビタミンをブレンドしたサプリメントやドリンクが効果的と思われます。

タブレット(サプリメント)で摂取できるので、例えば職場のデスクなどに常備してストックできる利点があります。

しかしビタミンはフレッシュな食物(生の野菜やフルーツ)で摂るのがより一層吸収されやすく、自然で体に馴染むとも言われています。

グリーンスムージー

そこでオススメしたいのがグリーンスムージーです。

数年前からブームになっているこのグリーンスムージーですが、作り方はとても簡単です。

好みのフルーツや葉物野菜など数種類をミキサーやフードプロセッサーで粉砕して、ジュース状にするだけという手軽さです。

別々に食べようとするとドレッシングなどが必要な野菜でも、これならそのまま飲めて塩分や油分をカットできます。

具体的なメニュー

例えばホウレン草や小松菜、春菊など、その季節に旬の葉物野菜と、イチゴやキウイ、グレープフルーツ、マスカットなど。

さまざまな組み合わせで、特にビタミンCを中心とした栄養素が効果的に体に取り込めるというメリットがあるのです。

アボカドを入れるとドロリとしてシェークのようになったり、水分の多いフルーツを使うとさっぱりしたジュースになったり。

いくつかの組み合わせを試していると、自分の好みのブレンドがきっとみつかります。

また、調理して調味料で味付けしたものとは違い、野菜そのものの味を感じていくことで味覚も鋭くなっていきますよ。

トマトの効果

ビタミンCが豊富で抗酸化成分がたっぷりな野菜ということで肌に良いとされているトマトも、オレンジなどのフルーツとブレンドしたスムージーにして飲むと効果的。

塩などを入れずによりヘルシーな状態で摂取できます。

このトマトを中心にしたスムージーはダイレクトに肌に効果が表れます。

個人差はありますが、一週間~ひと月程度続けると洗顔したときに指に感じる感触が変わったと実感出来るはずです。

体の内側でも相応の効果が出ているはずです。

食物繊維も豊富に摂取できる

さらに、グリーンスムージーでは野菜と果物に含まれる食物繊維も余すことなく摂取できるという利点があります。

便秘の解消にも効果があり、腸の内側のお掃除につながってくるので相乗効果でより一層ビタミンCを中心にした栄養素を吸収しやすい体になっていきますよ。

野菜と果物の美味しい組み合わせと栄養の効果については、様々なレシピ本などがありますので、参考にして試してみると良いでしょう。

きっと好みのものが見つかるはずです。

出来合いのものでもOK

また『忙しくて野菜を買いに行けない!』と言う時には、コンビニなどの棚に並んでいる出来合いのグリーンスムージーでも大丈夫。

賞味期限が短いということは、保存料などを使わずナチュラルな状態で作られている証拠です。

まとめ

こうしたフレッシュなものと、サプリメントのマルチビタミンなどを上手に組み合わせていくことで、ストレスを軽減して健やかな体が作られていきます。

無理せず、自分の体に合うビタミンCの摂取方法を見つけて続けていくことが大切なのです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村