病気に打ち勝つショウガパワー!冷え性改善の健康食品でポカポカに!

日本は冷え性に悩む女性が多いですが、冷え性の改善に効果的な食材として有名なのがショウガです。

今回はこのショウガの力をまとめました、日々役立てて冷えを知らないポカポカ習慣を取り入れましょう!

ショウガは古くから愛されている

独特な辛みを持ち、日本以外のアジアや欧米でもよく使われています。

インドでは古くから保存食や医薬品として利用され、中国では紀元前500年頃に栽培が始まります。

日本には中国経由で伝わり、栽培されるようになります。

優れた殺菌効果があるため、日本では寿司や刺身などにも添えられます。食用だけでなく風邪薬や胃腸薬、鎮痛薬などの漢方にも配合されています。

外用薬としても使われていて、しょうが湿布は血行がよくなり体が温まります。日本では地域によって複数の品種があります。

ショウガの特徴

ショウガには様々な特徴がありますが、特に強い辛みと香りには優れた薬効が期待できます。

この香りの元、皮の下にある管には精油が含まれていますが、この精油には400種類以上のアロマ成分が含まれます。

少量ですがビタミンB1やビタミンB2、ビタミンCも含まれています。

特に冷えを改善する

女性に嬉しいショウガの効果といえば、冷え性を改善する効果です。

辛み成分と香り成分が血管を拡張させるので血液の流れがよくなり、血行不良が原因の冷え性を改善することができます。

血液の流れがスムーズになると血液がきれいになり、老廃物が体外へと排出されやすくなります。

体を温めることで関節の痛みも和らぎ、保湿効果も期待できます。

殺菌・消毒など

強力な殺菌効果があるので、食中毒の予防だけでなく風邪の予防にも使われます。

水虫の原因になる真菌や寄生虫も除去する力を持っています。

生の魚に添えれば魚の臭みを消すだけでなく、食中毒から守ってくれます。潰瘍の原因である菌を殺菌する効果もわかっています。

胃腸にも効く

様々な漢方にも利用されているショウガは、胃腸を健康に保ちます。

胃腸の血行がよくなり、働きが活発になると食べ物の消化吸収が高まります。

タンパク質を分解する酵素が含まれているので、食事をしたときの胃腸の負担を軽くします。

胃酸の分泌を促し消化吸収を整え、食欲を増進させる効果も期待できます。

ダイエットやアンチエイジングにも効果がある

辛み成分は脂肪の燃焼を促し、コレステロール値を下げます。

血液中の中性脂肪やLDLコレステロールが増えすぎるのを防ぐので、生活習慣病の予防にも使えます。

また、ショウガには強い抗酸化作用があるので、活性酸素の害から体を守ってくれます。

活性酸素が増えると老化や病気の原因になるので、アンチエイジング効果もあります。

購入する際の注意点

スーパーなどで購入する場合は、ふっくらとして皮に傷がないものを選びます。

購入したら洗わずに涼しい場所に置き、3日から4日くらいで使い切ります。

使い切れない場合はカットして冷凍しておくと便利です。乾燥を防ぐために水に浸して保存すれば、1ヶ月くらいもちます。

まとめ:ショウガのパワーを日常に取り入れよう

こまめに飲み物に入れると、続けやすくていいです。すりおろして紅茶に入れて飲むと、体がポカポカと温まります。

ショウガと黒砂糖を入れた紅茶は、テレビで紹介されたこともあり多くの人が実践しています。

体を芯から温めることで冷え性の改善につながり、冬でも快適に過ごせます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村