健康な人が病気にならないように普段から習慣にしたり行っていること

健康な人は病気にならない為に、心と身体の両方からケアをしています。

心の方もストレスを掛けないようにする事と、睡眠を十分に取るようにするだけじゃなく、質の高い眠りが出来るようにしているのです。

そんな健康を維持する秘訣について、まとめていきたいと思います。

健康・睡眠・ケア

一例ですが、寝る時には光や音などの雑音はほとんどないようにし、真っ暗にして安心して眠るという事が出来る環境を追求されているようです。

普段活動される時、昼間は日光を浴び、眠りやすい状態にして眠るという事も意識しています。

ストレスに関しては自分だけではどうしようもないところはありますが、出来るだけ不安を感じないように。

出来る事は全てその日のうちに済ませたり、安心して眠るという事を心掛けるという事も実践していることが分かっています。

身体的なケアは食事から

身体のケアに関しては、まずは食事が何と言っても重要になると考えていいでしょう。

基本的にはバランスよく食べるという事を心掛けていて、食べすぎない。つまり、腹八分を意識しています。

昔から言われている言葉に腹八分に医者いらずという言葉があります。

満腹を感じる少し手前でやめておくという事をしていれば、医療機関にかかるような大病をしない身体になりやすいという意味です。

バランスはとても大事な部分

過ぎたるは猶及ばざるが如しということばもあるように、何事においてもやりすぎというのはほとんどの場合において良い結果を出すことは出来ません。

食事でもこれは言えることで、人は過剰に摂取した栄養分は身体にため込んでおくというシステムがあります。

これを常に稼働させてしまうというのは、問題が起きてしまうという事。

このエネルギーを貯めるという機能は、万一の時に備えるという意味ですから、必要以上にその万一の事態に備えすぎてしまえば負担が大きくなっていくというわけです。

最近でもよく問題になる生活習慣病のようなものは、ほとんどがこの過剰なエネルギー摂取が問題になっていると言っても過言ではありません。

腹八分というのを心掛けて生活をすると、全く違う体調になるという事も分かるはずです。

不足分はサプリを使うのも

その上で不足しているという事が自覚できる栄養素などがあるのであれば、それはサプリで補うという事を考えても良いかもしれません。

健康を維持する方は、サプリも上手に取り入れています。

不足しているものが野菜全般というのであれば、青汁のような野菜の栄養を全般的に摂取できるモノを利用するという事をしている人も少なくはありません。

運動習慣がある

更には、適度な運動をして身体を鍛えている人が多いです。

これもやりすぎには注意が必要ですが、適度な運動は筋肉や骨に対して刺激を与える事になるので、細胞の活性化につながります。

人の細胞は新陳代謝によって全て作り変えられています、その新しい細胞を生成させるのに良い刺激となるのが運動というわけです。

骨なども刺激がなければすぐに弱ってしまう為、この運動による刺激は健康に大きく関係しています。

まとめ

健康な人が病気にならないために行っていることは、様々な面で自分の体と向き合っているということが分かっています。

ほんの一例ですが、これを元に自身の本当の力に気付いてよりその力を伸ばせるようにしていきましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村