お疲れ女子必見!洋服はハンガー収納でアパレルショップ風に整理!

f:id:uenoyou111:20190113024730j:plain

洋服の収納って手間取りますよね。

たたんでタンスに収納している人が多いと思われますが、取り込むのが面倒ですよね。

朝に頑張って洗濯しても、仕事から帰ってすぐにバタンキューじゃいつまでたっても干しっぱなしになってしまいますよね。

そんなあなたに朗報な整理整頓法をご紹介します!

ハンガー収納のメリット

タイトルにもある通り、ハンガーラックを使って収納すれば、たたむ手間を省けます!

アパレルショップのように、Tシャツもズボンもスカートも並べて収納するとこんないいことがたくさんあります。

1.たたむ手間と時間を省ける

一番のメリットです。洗濯は単に洗って干しておしまい、ではありません。

きれいにたたんで、タンスにしまうというもう一つのプロセスを踏まなければなりません。

取り込んだはいいけれど、たたむのがだるくて何日もカーテンレールに置きっぱなし。はたから見ると、だらしない印象になってしまいますよね。

こんな生活してたら部屋に友達すら呼べない!

そんなあなたでも、ハンガー収納なら洗濯がちょっとだけ楽になります。洗濯して干して、乾いたらハンガーラックに並べ直すだけ。

たたんでタンスにしまう手間がなくなりました。

洗濯物は洋服だけでなくタオルやハンカチ、靴下などもあるのでたたむ手間を完全になくすことはできません。

それでも、たたんでタンスにしまわなければいけない洗濯物が半分以下になれば、それだけでも取り込みの面倒さは半減します。

2.手持ちの洋服を把握できる

タンス収納だと、買ったままの洋服をタンスの奥に眠らせたまま忘れてしまうことがあります。

服の数が多いと、何段も積み重ねて収納するため下に入れられた洋服は引き出しを開けても見えません。

その結果、一番上の段にしまった洋服だけを着回してしまい、下の段にある洋服は忘れられてしまうのです。

ハンガー収納なら、カットソーもTシャツもズボンもスカートも同じところに横並べにするため、手持ちの洋服がパット見でも把握できます。

全ての洋服を一列に並べるので、洋服の存在を忘れることもなくなります。

「また似たような服買っちゃった。学習能力ないなぁ…」と自己嫌悪しているそこのあなた。

ひょっとして、それタンス収納が原因かもしれませんよ?

3.シワがつきにくい

タンスにずっと洋服をしまっていると、シワやたたんだ跡がついてしまいますよね。

Tシャツやズボンのようにきっちりした形なら良いですが、変わった形の服だときれいにたためずシワになることも。

そんな時でも、ハンガー収納ならきれいに収納できます。

そもそもたたむことがないので、変な形の跡がつくこともシワになることもありません。

「お気に入りなのに、シワがみっともなくて着れない…」

ハンガー収納ならこんなお悩みともおさらば。

4.見た目がオシャレ

ハンガー収納は見せる収納なので、洋服のデザインが持つ魅力を最大限に活かした収納ができます。

ハンガーラックをいくつか置いて手持ちの洋服をずらっと並べると、あっという間にアパレルショップ風の空間が完成。

まとめ

大量の洗濯物が干しっぱなしでカーテンレールに放置されているのと、きれいにハンガーラックに収納されているのと、さてどちらが女子力高いと思いますか?

当然、後者ですよね。

あまりにもごちゃごちゃしていたらマズイですが、洋服があまり多くなければ今話題のインスタ映えにもぴったりですね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村