健康的に取り入れたいオレイン酸の優れた効果。一体ナニモノなのか。

f:id:uenoyou111:20190102025708j:plain

生活習慣病やダイエット、美容などに関連の深い「オレイン酸」その効果についてまとめました。

良質なオイルの話になると、必ず話題に上がるのがオレイン酸。名前だけは聞いたことがあるという方の参考になればと思います。

オレイン酸とは何か

オレイン酸とは脂肪酸の一つです。

オレイン酸はなたね油やオリーブオイルなど外から摂取できる他、体内で生産することもできます。

血液中の善玉コレステロールはそのままに悪玉コレステロールに働きかけ、その濃度を下げてくれる働きがあると言われています。

悪玉コレステロールは動脈硬化や糖尿病の原因となりますので、濃度が下がることでこれらを予防し生活習慣の予防になると言われているのです。

酸化との関係

油にも種類があり、体に悪影響を及ぼす酸化しやすい油と健康に良い酸化しにくい油に分けることができます。オレイン酸は酸化しにくい油です。

なぜ酸化しにくいと良い効果があるのでしょうか。

油は酸化が進むと変な匂いがしたり、風味が損なわれたり、毒素が生まれたりと良くないことが起こります。

それは体内でも同じで、細胞を傷つけてしまいます。そのため油は酸化しにくい方が良いのです。

生活習慣病の予防だけじゃない

先程、生活習慣病の予防に効果があるとお話しましたが、他にはどのような効果があるのでしょうか。

女性はダイエットや美容に関心のある方も多いかと思いますが、オレイン酸はまさにダイエットに最適です。

オレイン酸には満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果があります。

具体的には食事の1時間ほど前に1日2回、大さじ1杯ほどのオリーブオイルを摂取することにより、その後の食事で食べ過ぎを予防することができます。

ダイエット中に油を取ることへの抵抗があるかもしれませんが、オリーブオイルはダイエットに良い効果のある油をということになりますので安心して摂取していただけます。

他にも嬉しい効果が

さらに、便秘にも働きかけてくれる効果もあります。オレイン酸は小腸では吸収されません。

そのため大腸まで届き、蠕動運動を活発にします。油ですので潤滑油の効果も果たし、すっきりとしたお通じが期待できます。

体内摂取だけじゃなく、体外も

食べ物に含まれており、食品摂取することで体内へ取り入れるといった方法をご紹介してきました。

が、驚くことにオレイン酸は基礎化粧品に配合されていることも多いです。

なんとオレイン酸は肌から分泌される皮脂の40%を占めています。

そのため肌に馴染みやすく、乾燥肌の方はもちろん、お肌の乾燥する季節にも肌に塗ることで保湿効果を得ることができます。

ただ一つ注意点としては、あくまでも油ですので塗りすぎると逆にお肌が荒れてしまうことがあります。オイリー肌の方も注意が必要です。

オレイン酸はオリーブオイル以外にも含まれている

オレイン酸はオリーブオイルに最も多く含まれていますが、そのほかの食品にも含まれています。

代表的なものとしてはアボカド、アーモンドやマカダミアなどのナッツ類です。

いずれも体に良いものですが共通してカロリーは決して低いものではありませんので、ついつい食べすぎてしまわないように注意が必要です。

まとめ

何事もやり過ぎは良くありませんが、健康に欠かせないオレイン酸を適度に摂取して美しく健康に過ごしていきましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村