冬こそ食べたい!おかずになるオクラと豚肉の味噌ダレチーズ巻きレシピ

綺麗な濃い緑色でばっちり緑黄色野菜のオクラには、体内でビタミンAに変わるβカロテンと言う栄養素が沢山入っています。

ビタミンAと言えば髪の健康を保ち鼻や喉の粘膜の健康も維持する、寒い季節にはありがたい栄養です。

美味しく食べるオクラレシピ

ですが他にビタミンAの高い食材と言えば苦手な人も多いレバーや、主菜にはなりにくい味付海苔など…

そこでオクラを肉巻きにすることで、ビタミンAが沢山とれておかずにもなるレシピをご紹介したいと思います。

用意する物(2人前)

  • オクラ…10本
  • 豚バラ肉…10枚
  • スライスチーズ…2枚
  • 片栗粉…適量

味噌ダレ

  • みりん…大1
  • 味噌(お好きなもの)…小2
  • 砂糖…小1
  • ほんだし…小1

①下処理

まずオクラは綺麗に洗ってガクを取っておきます。

オクラは茹でても勿論美味しいのですが、生のままでも大丈夫です。

茹でればしんなり柔らかい食感、生だと歯応えがありサクサクとした食感が楽しめます。産毛が気になる方は軽く塩で揉んでおいてください。

②肉とオクラを巻く

広げた豚肉の上に同じくらいの幅に切ったチーズ、オクラを乗せ、端からくるくると巻いていきます。

焼いている途中にチーズが外に漏れてくることもありますが、それはそれで美味しいのであまり気にしなくて大丈夫です。

気になる方はチーズを小さめにカットしてください。

③巻いたものに薄く片栗粉をまぶします

巻き終わりをしっかり押さえておかないと焼いている途中に剥がれてしまうので、内側に片栗粉がつかないよう気を付けます。

④焼き

熱したフライパンに薄く油を引き、巻き終わりを下にして焼きます。

あまり触ると肉が剥がれてしまうので、巻き終わりがしっかりきつね色に焼けるまでひっくり返さず放置します。

⑤タレづくり

この間にタレを作ります。

材料をすべて混ぜるだけです。

⑥焼いてる際の注意点

豚肉の色が変わってきたらひっくり返してください。

豚バラは熱しているとどんどん脂がでてくるので、両面きっちり焼けた頃合いにキッチンペーパーなどでフライパンの中を拭き取ってください。

これが残っていると油っぽくギトギトした料理になり、カロリーの面でもよくないです。

⑦タレを投入

火を少し弱め、タレを入れて豚巻きと絡めます。

味噌は焦げやすいので必ず火を弱めてください。

少量ずつ作る場合はフライパンがかなり温まっていると思うので、一番下の弱火にしてからタレを入れてください。このとき、味噌は跳ねやすいので火傷に注意です。

⑧完成

味噌ダレが絡み、香ばしい匂いがしてきたら完成です。

お皿に移せば少し焦げた味噌とチーズのトロトロが食欲をそそる、オクラと豚肉の味噌ダレチーズ巻きの完成です。

お好みで一味をふってもよし、白髪ネギを乗せてもまた味に広がりが出る一品です。

まとめ

うちは最近ガツンとしたパンチを求めて、ブラックペッパーを強めにかけるのがブームです。

オクラと豚肉の冷しゃぶサラダには中々手を出さなかった家族も、これは美味しい!と喜んで食べてくれました。

オクラと言えば夏のイメージですが、冬の今でも十分美味しく食べられるレシピが沢山あります。栄養たっぷりのオクラ料理、是非食卓に出してください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村