あなたはストレスへ気付いてますか?気づき方とその後の行動が大事

f:id:uenoyou111:20181127235109j:plain

「ストレスは万病の元」この言葉を聞いた事のある人は多いのではないでしょうか。

しかし現代はストレス社会だとも呼ばれており、忙しい日々に追われる中で仕事や家事をこなすうちに悩みが積み重なってしまいます。

このストレスへ気付けるかどうか、ここが重要です。

ストレスに気付く

私達は、気付かないうちにストレスを溜め込んでしまう場合があります。

自分の許容範囲を超えるストレスを蓄積してしまうと、うつ状態に陥ってしまう場合もあります。

なので、自分がどの程度のストレスを感じているのかを知ることはとても重要なのことなのです。

ストレスが生まれるまで

「私は前向きなので、大丈夫」こんな風に考えている人も、ストレスと無縁とは言えません。

ストレスを感じやすい人というのは几帳面で思い詰める人だけでなく、責任感の強い一見すると前向きで向上心のある人も含まれるのです。

今日、働く人の忙しさは時間的余裕だけでなく心の余裕すらも無い状態に陥っています。

目の前の事だけでも精一杯なのに、人間関係や家庭などの悩みまで重なってしまうとどんどんストレスが重なってしまいます。

この「悩みの重なり」に脳の処理能力が追いつかず、混乱してしまうことこそがストレスを生む原因なのです。

ストレスが生まれると

  • 最近やる気が出なくて仕事がはかどらない。
  • なんだかダルくて、家事が効率的に進まない。
  • 気付けばいつも落ち込んでいる。
  • モヤモヤと考え込んでしまって眠れない。

こういった症状がある方は、要注意です。

また、この他にも本来ならば「ストレス発散」になるはずの趣味であったり、好物を目の前にしても食欲がなく、美味しい食事が楽しめない状態になっている場合。

それもストレスの蓄積が懸念されます。更に、ストレスが溜まると物事に対する意識にも影響が出始めます。

それまでは失敗をしても「次は頑張るぞ」と上手く切り替えられていたのに、自分を責めてしまうようになったり。

集中力を持続させることが困難でミスを繰り返すなど、切り替える事ができなくなってしまうのです。

ストレスには早期対処を!

前述した内容に少しでも自覚のある方がおられましたら、有給休暇を取って心と体を休めることをお勧めします。

しかし、皆が皆有給休暇を取れる環境いる訳はありません。

では休むことができない人は、どうやってストレスを抱えつつ生活すれば良いのでしょうか。

とても大切なこと

大切なのは、早期発見と早期対処です。

先程ご紹介したような不調を感じたら、それはストレスに気付けたということです。

ストレスを早期発見できたら、次は対処していきましょう。具体的には「自分に課すハードルを下げる」ことです。

ストレスを抱えている時は、心身ともに疲れている状況です。

そんな時にいつもと同じレベルの作業を求めることは、とても無謀なことなのです。また「まあいっか」の精神も大切です。

こなせる仕事の量が以前より少なくても、自分を責めずに「明日すればいっか」と考えたり。

ダルくて料理が手につかなくても「お惣菜でいっか」といった具合に、自分を許して切り替えることが大切なのです。

責任感の強い人は「休む」ことを「怠ける」と考える人が多いですが「休む」ことは心身にとって必要なことである、と思考を変換することが大切です。

ストレス社会を生きる

悩みは無いに越したことはありませんが、生きている限りその状況になることは難しいです。

それはストレスも同じであり、ほとんどの人が抱えつつ生活しています。

悩みやストレスがある事を駄目なのだと決めつけず、それが当たり前であるとの考えて上手く付き合うことが大切です。

まとめ

人間とは単純な部分があり、ゆっくり入浴したり、好きな香りを嗅いだりすることで簡単にリラックスすることができます。

また、朝決まった時間に起きるなどして生活リズムを整えるだけでも、疲れの蓄積が減少する効果があります。

ストレスと付き合うにあたり、まずは自分で出来る範囲の行動や考え方で上手く共存する方法を実践してみて下さい。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村