断捨離をして大掃除!気分が一気に変わって余裕が生まれたときの体験談

年に2回程大掃除をする我が家。

普段から掃除は定期的にしているものの、やはり共働きで小さな子もいるのでなかなか時間も取れずに見えるところだけの簡易的な掃除で終わってました。

ですが、大掃除の日だけは交代制で子供を見て本気で掃除に取り組みます。

掃除の効果

普段できないエアコンフィルターの清掃作業をしてみたり、お風呂場は細かいところまでチェックしてカビの除去を行ってみたり。

キッチンはとにかくピカピカになるまで掃除をします。

その他にも使わない家電や服を整理して、リサイクルショップに持って行って断捨離をするようにしています。

すると部屋の中は要らないものが無くなってさっぱり!

物がなくなるのでスペースもできたのか部屋が広くなったように感じますし、何より明るく感じます。

そのため、なんだか気分まで明るくなってきて家に帰るのが楽しくなりますね。

模様替えもついしたくなる

また、家が広く感じるようになると部屋の模様替えもしたくなってしまう私は、SNSで自分好みの部屋の写真を見つけてきて、新しい家具を見つけたり。

思い切ってラグを新しいものに変えてみたりと、大冒険!

「部屋も広くなったことだし、観葉植物でも置こうかな」なんてワクワクしてしまいます。所謂SNS映えする部屋にしたくなる訳ですね。

余計に愛着が湧いてくる

部屋が荒れている大掃除前は可愛いインテリアにしようなんて全く思いませんし、家に帰ることが何も嬉しくなくて「ただ帰る場所」として考えてしまいます。

そのため、家の外にいる方が楽しくて外食が多かったり外出することも多かったのです。

が、大掃除をすることによって部屋の印象も変わって気分も変わるので、自分の家にいるのが楽しくなりますね。

料理も楽しくなる

料理をするのも楽しくなるので自炊も増えますし、新しい料理に挑戦しようと前向きになれます。

そのため、主人からも「大掃除すると新しい料理が出てくるね」なんて言われます。

普段は簡単な料理しか作らないのに、急に本格的な煮物を作りたくなったり。

普段は絶対に作らないお菓子まで作ろうとするので、自分でも「どんな心境の変化だ」と突っ込みたくなります。

デメリットも

そんな良いことが多い大掃除ですが、時に夫婦喧嘩の原因になることもあります。

その理由は「どこに何があるか分からない問題」です。

特にキッチンのもので起こることが多いのですが、大掃除の後に料理をしようとすると、使いたい調味料がどこにもなかったりします。

キッチン用品がどこを探してもなかったりするので、料理が進まず大喧嘩!

しかも「どこにやったの?」と聞いても「ここにあるじゃん」ととんでもない考えもしないようなところから出してくるわけです。

そのため「そんなところにあったら困る!」と喧嘩になるのです。

価値観の部分もある

主人の言い分では「見えるところに調味料やキッチン用品があるのはお洒落じゃない」と言いいます。

ですが調理する私からすれば、棚の奥だったり箸入れの中だったり意味がわからないところに入れられるくらいだったら、最初からしないでほしいと思ってしまいます。

料理しない人からすれば分からないかもしれませんが、する人からすればお洒落さより実用性だよ!と心から思ってしまいます。

まとめ

大掃除をすると、余裕も出て気分も変わって良いことが多いです。

人によって綺麗さは違うので、言い合いになることもあるのだなと感じています。

ぜひ、掃除をすることで気持ちを入れ替えて見てください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村