やりたいこと、諦めてない?やりたいことも迷わずやっていくことが大事

仕事や家事、その他のやらなければいけないことに追われてしまうと、そればかりの日常になってしまいます。

しかしそのような生活を続けていると、確実に疲労やストレスが溜まってしまいます。

休日に疲労を解消しようとしても、予定が押してしまったり、イレギュラーな用事が入ると、それができなくてさらに疲労が溜まってしまいます。

ここでは趣味など、自分らしい活動も必要という体験談を語っていきます。

睡眠だけでは足りない

疲労が溜まると体調不良になったり、時には大きな病気になってしまうこともあります。

私は今まで忙しくても、睡眠だけは削らないようにしてきました。

しかし、それだけでは上手くいかなくなり、徐々に体調を崩すようになりました。

仕事や家事が思うようにいかなくなり、その時にようやくやらなければいけないことを優先してきたことが原因だと気付きました。

自分の好きなことや趣味というのは、単に怠けているわけではなく、それも大事な役目があることを改めて知りました。

疲労というものは二種類ある

疲労は肉体的な疲労もありますが、現代では精神的疲労も多くなってきています。

特に私はデスクワークですし、人間関係などのストレスも精神的疲労になります。

それらをすべて睡眠だけで解消しようというのは、かなり無理があります。そこで、運動を取り入れ、毎日多めの運動を行うようにしています。

体を動かすことで心身の疲労回復力を高める効果が期待できます。

実際に、以前よりも体を動かすことが多くなったことで、体調不良も改善してきました。

しかし、実際にはこれだけでは足りなくて、やはり精神的疲労に直接効果のあることをやらなければいけないと思いました。

趣味を行うことで、精神的な疲労を解消できる

そこで私は以前からやっていた趣味を多めにやることにしました。忙しくなるとどうしても趣味は後回しになってしまいます。

ですが、実はそれが逆効果になっていました。

今では仕事や家事の合間や、スキマ時間を見つけて趣味をやるようになりました。

そのおかげで以前よりもイライラすることがなくなりましたし、特に家事が億劫ではなくなりました。

それでもかなり疲労が溜まっていたので、それを解消することを最優先にしていました。

健康こそ最優先!その上でのバランスが大事

ようやく疲労が減ってきたのですが、その分仕事をする時間が減ってしまい、収入減になってしまいました。

体が資本なので、まずはそこを健康にすることが先決です。

仕事はそれが出来てから立て直しても遅くはないですし、むしろそれが正しい順序だと思います。

なので、今後は体調をきちんと管理しつつ、仕事の効率も高めていきたいと思っています。

体調が良い時の方が仕事の効率も良いですし、作業も捗ります。

仕事中や負担のかかるものは休息を取り入れよう!

また、適度に休憩を入れ、疲れた時や仕事が捗らない時は休むようにしています。上手く気分転換を図りながら仕事をしたほうが、時間の無駄使いもせずに済みます。

私は今まで、ワークライフバランスを意識して生活してきましたが、それでも体調を崩してしまったので、やはり余暇の時間が少なすぎたことを反省しています。

今後はやるべきことだけが先走ってしまわないように、上手くバランスを取りながら毎日を過ごしていきたいと思っています。

疲労は溜めず、随時解消する癖をつける

早めに疲労を解消し、溜めないようにすることで、休日に大きく体調を崩すことがなくなりました。

せっかくの休日なのに、体調を崩してしまい、休むだけになってしまうのは非常にもったいないことです。

そうならないためには、やはり毎日の疲労を溜めないことが重要だと思いました。特に精神的な疲労が溜まらないように気をつけています。

そのためにも好きなことをやって、常に心の栄養補給をするようにしています。

まとめ

好きなことをやることで、パワーチャージができて仕事も捗るようになるようです。

これからは特にやりたいことを意識して、きちんとやっていこうと思っています。

ワークライフバランスを上手く取っていくのは時には難しいことです。

それでも、毎日をより良く過ごしていくためには重要なことだと思います。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村