身近にも利用されている乳酸菌の効果とは?乳酸菌の働きとその利点

日本では数多くの乳酸菌やビフィズス菌が、とても良い効果を生み出すとして用いられています。

近年では殺菌済みの菌や、菌のおかげで産生される物質を売りにするような商品も沢山現れています。

乳酸菌の種類や効果効能は一体どのようなものなのでしょうか。その注目すべき菌などをまとめていきましょう。

乳酸菌の効果

ヨーグルトや乳酸菌の飲み物と言えばお腹の調子を良くしてくれるというイメージが強いです。

しかし、ヨーグルトに含まれている乳酸菌ビフィズス菌は整腸作用ばかりではなく様々な良い点があります。

種類によって違う様々な効果

サプリメントなどを利用することも一つの手ですが、内臓脂肪の低減や感染予防などその種類で効果が多様なのです。

私たちの腸の中には非常に数多くの腸内細菌が住み着いていますが、1899年にビフィズス菌が発見され整腸作用が体によい影響を与えるということが分かってきました。

体の中のバランスをしっかり整え、便秘や下痢を抑えるだけではなく、最近では花粉症やアレルギー体質の改善にも効果があると考えられてきています。

善玉菌・悪玉菌

菌には善玉菌と悪玉菌があり、悪玉菌は大腸菌やブドウ球菌などで腸内で人間に悪い影響を与えます。

それを善玉菌が腸内で有益に働いて殺してくれるのです。

腸内には常に何億もの菌やウイルスが繁殖や発酵を続けていますが、その菌のバランスが崩れて腸内環境が悪くなると便秘や下痢が症状として現れます。

ひどくなると生活習慣病などをもたらす…ということになってしまいます。

ですので善玉菌を積極的に摂取し、腸内の善玉菌が多い状態にしていくことが重要なのです。

善玉菌の増やし方

オリゴ糖などは分解して乳酸や酢酸を作り出し、腸内を酸性に保つことができます。その作用により、有害な悪玉菌が増殖するのを抑えることができます。

また、作り出される乳酸や酢酸は大腸にも働きかけて排便を促す効果もあります。

この働きによって、腸内に溜まった老廃物を外に出すことができます。ヨーグルトなどはまさに代表例で、摂取することにより便がすっきりと出せるようになるのです。

ビタミンB郡も作り出される?

またビタミンB群も作り出すということが知られています。

ビタミンB群はビタミンB1やB2、ナイアシン、パントテン酸、葉酸などといった全8種類からなるもので小腸から吸収されていきます。

吸収されたビタミン群は体内の細胞の隅々までエネルギーを供給する、大切な働きをします。

上述したオリゴ糖などから分解されて作り出される乳酸や酢酸、ビタミンB群も人の活動に欠かせないものであり、それを作ることができるのが乳酸菌なのです。

まとめ:乳酸菌の効果とは

理想的な腸内環境というのは一体どのようなものかと言うと、善玉菌が多い状態でありその環境を保つことが健康促進や老化防止につながります。

今日では、プロバイオティクスと呼ばれる生きて腸に働く菌の研究が非常に盛んに行われています。

是非とも積極的にこの機能を取り入れ、健康的で美容も高めることが出来る生活を送れるよう助力になればと思います。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村