体によいオリーブオイルとは?エクストラバージンとピュアの違い

f:id:uenoyou111:20190103000349j:plain

オリーブオイルは健康に良いと言われており、大変な人気です。

でもオリーブオイルにはいろいろ種類があってどれを買ったらいいかわからない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

オリーブオイルの分類

オリーブオイルについてしっかりと理解するため、まずオリーブオイルの分類について見ていきましょう。

オリーブオイルは大きく分けて、バージンオリーブオイル、精製オリーブオイル、オリーブオイルの3つに分類されます。

バージンオリーブオイル

バージンオリーブオイルは、オリーブの果実をそのまま搾ったものです。

そのため、オリーブの実に含まれている天然成分がそのままオリーブオイルの香りや味わいになっているのです。

バージンオリーブオイルは品質に応じて

  1. エクストラバージンオリーブオイル
  2. ファインバージンオリーブオイル
  3. オーディナリーバージンオリーブオイル
  4. ランパンテバージンオリーブオイル

の4つに分類されます。

1.エクストラバージンオリーブオイル

その中で最上級のエクストラバージンオリーブオイルは風味、味わい、酸度の低さ(0.8%以下)ともに最も良いとされており、上質なオリーブオイルです。

味や香りに関して厳しく定められた基準を満たしているオリーブオイルですから、オリーブオイルの良さを存分に味わう事ができます。

2.ファインバージンオリーブオイル

次のファインバージンオリーブオイルはエクストラバージンオリーブオイルと比べると酸度(2.0%)や苦味がやや強く品質も少し下がるもの。

しかしながら、精製することなくそのままバージンオリーブオイルとして利用できます。

3.オーディナリーバージンオリーブオイル

オーディナリーバージンオリーブオイルは酸度3.3%以下、食用としてそのまま利用できるバージンオリーブオイルの中でランクは一番低いオイルです。

4.ランパンテバージンオリーブオイル

最後のランパンテバージンオリーブオイルですが、この「ランパンテ」とは「灯油用」という意味があり、食用には不向きです。

なおこの中の「酸度」とは遊離オレイン酸の割合のことを示したものであり、低ければ低いほど酸化(劣化)しにくく安定しており高品質であるとされています。

精製オリーブオイル

精製オリーブオイルには、精製オリーブオイルと精製オリーブポーマスオイルの2種類があります。

精製オリーブオイルはバージンオリーブオイルのランパンテバージンオリーブオイルを化学的に脱色、脱臭を行い精製したものです。

もう一方の精製オリーブポーマスオイルは、オリーブの搾りかす(ポーマス)の中にまだ残っている油分を有機溶剤を使って徹底的にオイル抽出したものです。

オリーブオイル

オリーブオイルには、ピュアオリーブオイルとオリーブポーマスオイルがあります。

ピュアオリーブオイルとはバージンオリーブオイルと精製オリーブオイルをブレンドしたもので、エクストラバージンオリーブオイルと比べると安く購入することができます。

オリーブポーマスオイルは精製オリーブポーマスオイルとバージンオリーブオイルをブレンドしたものです。

エクストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルの違いとは?

私たちがスーパーマーケットなどでよく見るオリーブオイルは、エクストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルです。

エクストラバージンオリーブオイルと称してよいのはオリーブの実を絞っただけのオイルで、なおかつ香りや成分の基準を満たしているものだけです。

一方ピュアオリーブオイルは、オリーブの実を搾ってできたオイルを精製し味や香りのない「油」の状態にした精製オリーブオイルにバージンオリーブオイルをブレンドして作ったものです。

バージンオリーブオイルを加える割合によってはオリーブオイルの性格がしっかり残っているものもあれば、全くの無味無臭のオイルもあります。

体に良いオリーブオイルとは?

エクストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイル、健康に良いオリーブオイルはどちらでしょうか?

オリーブオイルに含まれる体に良いといわれる成分をまとめると、エクストラバージンオリーブオイルはオレイン酸に加えてポリフェノールなどの成分、一方のピュアオリーブオイルはオレイン酸のみです。

エクストラバージンオリーブオイルに含まれているポリフェノールには抗酸化作用などの効果が期待できるので健康に良いことは間違いありませんが、ピュアオリーブオイルにもしっかりとオレイン酸が含まれていますから、どちらのオリーブオイルも健康に良いと言えるでしょう。

まとめ~オリーブオイルの使い分け

エクストラバージンオリーブオイルはそのまま食べる、ピュアオリーブオイルは加熱用というイメージがあるかもしれませんが一概にそうとは言えません。

エクストラバージンオリーブオイルを炒め物用の油として加熱しても全く問題なく、香りが引き立ってよいでしょう。

一方、ピュアオリーブオイルはエクストラバージンオリーブオイルと比べて香りや風味が控えめですから、癖なくあっさりと調理したい時にピッタリです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村