日々の体調管理に役立つ足湯を、生活に取り入れることのススメ

足を温めることは全身の温浴につながるため、日々の体調管理のためにも足湯をおすすめします。

お金をかけずに実践できる健康法として人気があり、身体を芯から温めることができます。

冷えから守るということ

人間の身体は下半身から冷えてくる性質があるため、全身の温浴のためには足先を温めることがポイントです。

足という部位は心臓から最も遠くにあるため、心臓のポンプ作用が十分に働きません。

それをサポートするために足先を温めて、全身に温かい血液を送り届ける手助けをするわけです。

血液はある程度温まることでサラサラになり、細胞に栄養と酸素を効率的に運搬しやすくなります。

(温めすぎると水分が発散し血液が濃縮して逆になる場合もあります)

内臓全般のトラブルは冷えから生じていることが多いので、自覚されている方はぜひ足湯を実践してみてください。

足湯が優れている点

足湯が温浴健康法として優れているのは、のぼせる心配がほとんどないことです。

のぼせが発生する状態というのは、ヘソよりも湯面が上になっていることが多いです。

半身浴がのぼせにくいと言われる理由は、湯面をヘソより下に設定することが関係しています。

足浴の場合は半身浴よりさらに気軽に実践でき、テレビを見ながら身体を温めることも可能です。

継続することで効果が上がる

冷えが進んでいる方はなかなか温まりにくいと思われますが、日々実践することで十分改善できる可能性を秘めています。

そう、体温は一時的に上昇しても時間とともに低下していきますが、毎日身体を温めていけば基礎体温が上昇してきます。

体調管理の要は温活と言われていますが、これは免疫力に大きく関係してくるためです。

免疫力とも関わりが深い

体温が36度未満になると免疫力が正常に作用しなくなるので、さまざまな病気リスクを高めることになります。

足を温めることは心身のリラックスを増進し、気持ちをゆったりさせてくれます。身体が冷えているとストレスを感じやすくなるので、ぜひ足湯を実践してください。

血液やリンパの流れを促進し、むくみ解消やデトックスなども期待できます。

気になるむくみにも

女性は特にむくみが発生しやすいですが、これは筋肉量が少なくて身体が冷えやすいためです。

むくみを放置すると老廃物を溜め込んでしまい、さらに痩せにくい体質になるので注意してください。

下半身がむくんでいると上半身の巡りにも影響してくるので、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。

こうした諸症状を解消するためにも、足を温めることは重要なのです。

意外?!育毛にも

足浴は育毛サロンで導入していることが多く、これは頭皮の健康法として役立つためです。

血流が悪くなると頭皮に十分な栄養素が届かなくなり、抜け毛や薄毛の原因になることがあります。

足を温めていけば全身の血液循環がよくなりますので、毛根に食事の栄養素を効率的に届けることができます。

あくまで血流の改善に足湯が効果的とされる部分であって、過度な期待は厳禁です。大事なのは日々の健康的な生活です。

まとめ:冷えを日頃の習慣から撃退

冷えが除去された身体は免疫力が活発になりますし、基礎代謝が向上することで全体的な体調管理にも役立ちます。

少し冷えているなと感じた場合、日頃から取り入れるようにしてみて下さい。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村