ドーパミンって何?快楽や多幸感に関わるホルモンについて詳しくなろう

f:id:uenoyou111:20181205230744j:plain

ドーパミンとは、外部から得た刺激を神経細胞に伝達してくれる神経伝達物質となります。

良く聞くアドレナリンやノルアドレナリンになる前段階の物質です。

快楽であったり、多幸感などに大きく関わってくる物質です。

ドーパミンとは

ドーパミンは三大神経伝達物質と呼ばれ感情や精神、記憶や睡眠や運動といったものなど人間には欠かせない重要な役割に大きく関わってきます。

分泌される時

ドーパミンは、好きなことや趣味に没頭すると良く分泌されます。

夢中になっている時間は特に分泌されています。また、学習において上達させる効果があります。

好きなことや趣味が得意になったり、上手になるのはこのドーパミンが多く分泌するからと言われています。

他にも食べ物を食べたり運動をしたり、目標を達成したりすると良く分泌されます。

ドーパミンは、幸福を司る大切な神経伝達物質なのです。この分泌量が減ってしまうと、良い事がありません。

分泌量が減る時

ドーパミンが減少してしまう原因についても、見ていきます。

ドーパミンは不規則な生活をしたりストレスを抱えてしまうと分泌が減り、ドーパミン不足になります。

人間は、ストレスを感じることによりコルチゾールという物質が分泌されます。

コルチゾールの存在

コルチゾールは、ドーパミンなど脳内のあらゆる活動を低下させてしまう物質です。

なのでコルチゾールが分泌されてしまうと、ドーパミンの分泌量が減少してしまいます。

不規則な生活をしても自律神経が乱れてしまい、正しいタイミングでドーパミンが分泌されなくなってしまいます。

不規則な生活習慣は、腸内環境をも悪くします。

腸内環境が悪化することによる腸内細菌は、ドーパミンがうまく生成されなくなる要因の一つになります。

なので、規則正しい生活をするようにすれば分泌量は減少しません。

ドーパミンが減少するとどんな影響が?

では、ドーパミンが減少するとどんな影響があるのかを見ていきたいと思います。

ドーパミンが減少すると疲労感や、やる気がでない・記憶力の低下や集中力がなくなるなどの症状が現れます。

ドーパミンが不足することによりホルモンバランスが乱れてしまい、自律神経失調症やうつ病の原因になってしまいます。

また、パーキンソン病の一因ともされています。

これらの病気などにならないためにも、ドーパミンを分泌させる食品やサプリメントを摂取することもオススメです。

ドーパミンを分泌させる食品

ドーパミンは、肉や魚であったりフェニルアラニンやチロシンなどが原料とさています。

なので、肉や魚や豆などタンパク質を栄養バランスを考えながら摂取していきましょう。

更に、これらのタンパク質を分解するビフィズス菌などが含まれた食品も合わせて摂取しましょう。

体への刺激も加味してみる

また、体に刺激を与えてくれる食品なども効果的です。

カフェインであったり、スパイスの効いた辛い食べ物などがオススメです。また、サプリメントではクルクミンなどが含まれたものを摂取しましょう。

オメガ3脂肪酸が低下すると、ドーパミンも低下してしまいます。

こちらのオメガ3脂肪酸は、青魚などに多く含まれているので青魚を取り入れた食事をしたりオメガ3脂肪酸のサプリメントを摂取しましょう。

また、緑茶の中に含まれているLテアニンはドーパミンレベルを増加させる効果があります。

こちらも、緑茶やサプリメントを使って摂取していきたい物質になります。

まとめ

このようにドーパミンは、人間の体には欠かせないとても大切な神経伝達物質なのです。

上手に仕組みを活用し、幸せな生活の第一歩を学んでいきましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村