定期的に受ける健康診断でも見つかりにくい病気がある?その病名とは

会社勤めをしていると、定期的に受ける必要があるのが健康診断です。

健康診断で見つかる病気を知ることで予防に徹することが出来るという記事でもまとめましたが、今回は早期発見しにくい病気についてまとめます。

健康診断は面倒?

病気を早期発見できるのは有り難いですが、忙しい仕事の合間を縫って受けに行く必要があったり食事制限をしなければいけないので、面倒に感じる人もいるでしょう。

検査で数値に異常が見つかり再検査を受けるように言われると、さらに面倒に思えてしまいます。

しかし定期的に受けることによって、病気の兆候をいち早く見つけられるのも事実です。

病気は早めに見つけて治療を開始すればするほど完治までが早く、また経済的な影響も最小限になります。

健康を維持して生活していくためには絶対に必要な仕組みですから、嫌々でも受けておくべきでしょう。

健康診断では全ての病気を発見できるわけではない

しかし会社の健康診断は、全ての病気を早期発見できるわけではありません。

病気によっては早期発見できないものもあり、定期的に会社で健康診断を受けているからと言って安心できません。

見つかりにくい病気の代表例は、日本人の死因でも上位に連なるがんです。

職場検診の方法では見つかりにくく、定期的に受けていたのにがんだったケースは多々あります。

もちろん異常を見つけられる可能性もありますから、要受診とされたら素直に従いましょう。

がんの早期発見はがん検診

がんを早期発見したいなら、市区町村が行うがん検診に通うのがベストです。

胃がんや肺がんなど様々な病気を発見できるので、1年に1度受けると安心感があります。

がんは不治の病と言われてきましたが、早期発見できれば完治できる可能性も高いのでがん検診も定期的に受けましょう。

じゃあ健康診断で発見できる病気は?

会社の健康診断で発見できるのは、いわゆる生活習慣病です。

高血圧症・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病は、血液検査や尿検査を行えばかなりの確率で兆候を発見できます。

肝臓疾患や腎臓疾患も、同じような理由で見つけやすいとされている病気です。

生活習慣病は痛みなどの自覚症状が少なく、気付いたときには重症化していたり心疾患や脳疾患を発症したりします。

例えば高血圧症は非常に実感しにくいですが、心臓病や脳卒中のリスクを高めます。

脂質異常症は心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化、糖尿病は合併症など生活習慣病は生命に関わる病気に繋がるリスクが非常に高いのです。

とにかく違和感やその兆候を知ることが出来る

会社の健康診断で兆候を知ることは重要です。

生活習慣病の兆候を早期発見できれば、重大な病気を発症する前に対策をとることができます。

具体的には脂質の多い食生活を改善し栄養バランスの良い食事にしたり、適度に運動していればコレステロール値は下がり生活習慣病の予防になります。

また一度職場検診で異常を指摘されたら、健康への意識も変わるでしょう。

自分で健康的な生活習慣に変えていくだけではなく、健康診断に対する意識も変わり積極的に受けて行こうと考え方も変わってきます。

まとめ:体を知ることで、予防することが出来る

病気は起きてから治すのでは、早めに身体の異常を知り予防することが大切です。

適切に対策して病気を発症させなければ、仕事やプライベートへの影響も抑えることができます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村