女子会やホームパーティーに最適!クリーミーアボカドディップのレシピ

f:id:uenoyou111:20181231213822j:plain

アボカドは美味しく、大変健康に良い成分が詰まっています。

今回はアボカドディップで美味しくいただくレシピのご紹介です。

アボカドディップの作り方

よく熟したアボカドを(購入時固い場合は数日間追熟)半分にカット。

変色しないうちにマヨネーズとすだちや、シークワサーなど柑橘系をお好みで入れてまぜる。

塩とこしょうをプラス。(個人的には黒粒こしょうをガリガリひくのが好きです)

これをベースに、アレンジします。

アレンジ編1

和風にする場合は「ワサビ」や「少しの醤油」

洋風にする場合は「粉チーズ」「パセリ」など。

フルーツを細か目にカットしたものをプラスしてもフレッシュな感じでおいしいです。

お好みの野菜や粗びきソーセージなどを彩りよく盛り付けて、ディップしていただく。

ハワイのポキ丼風に、マグロのお刺身をスライスしたものにスプーンで乗せて巻いて食べてもイイです。

この時はワサビと醤油の混ぜたものがベストマッチだと思います。

アレンジ編2

スライスしたトマトの上にモッツァレラチーズを散らしてアボカドディップを少しづつ盛り付け。

彩りに刻んだパセリを散らす。オードブルの前菜的な感じでおいしいです。

生ハムやソーセージ類は、一緒だととても合う組合せだと思います。

スモークサーモンとも組み合わせるとちょっと豪華なサラダになります。

アレンジ編3

ボイルもしくは電子レンジでほくほくにしたジャガイモを熱いうちに、ゴロゴロ目にふかふかっと混ぜたところにアボカドディップをさっくりまぜる。

歯応えのあるトッピングはピスタチオの殻を取って少しカットしたもの。

彩りはパプリカの粉末などを少し振ると綺麗だと思います。今人気のサバ缶もアボカドととても合います。

サバ缶の他はツナ缶など。これらは食パンに塗りサンドイッチにして、ランチやおやつにしてもオススメです。

その場合、水分の多いものは一緒に挟まないように注意が必要です。

アレンジ編4

ゆで卵や、ハムカツなどを一緒に挟むと、とてもボリュームがあり満足感を得られるサンドイッチになると思います。

大阪の駒川中野商店街の有名なお総菜やさんで人気の商品。

「コロッケサンド」これはコロッケを少しだけ切り口を入れてそこにポテトサラダを挟み込み

ケチャップとパセリで飾り付けしていると言う商品で、お弁当にそのまま入れてる方も多いようです。

そのポテトサラダの代わりにアボカドディップをアレンジしたものを挟むのはいかがでしょうか?

飾りにはプチトマトや、ニンジン、パセリ。野菜の嫌いな子供もそのままぱくっと食べやすいかと思います。

アレンジ編5

刻んだクルミを混ぜてクラッカーに乗せていただくとワインにとても合います。

薄くカットしたチーズを一緒に乗せてオープンサンドでもイイと思います。

意外なところで、お好み焼きの上にサイコロ状の山芋と少し醤油を効かせて一緒にトロッとトッピングしてもおいしいです。

カツを節はたっぷりかけて、マヨネーズは多目でお好み焼きソースは少し少な目がお勧めです。

お寿司の軍艦巻きの上に小さく切ったプチトマトとアボカドディップを乗せるのもおしゃれで食べても美味しいです。

まとめ

ベースさえ作ってしまえば、後はアレンジ次第でとても多様に化けます。

女子会やホームパーティには大活躍するアイテムになること間違いなしです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村