出来る人は活用してる?家事効率化のウラワザをご紹介!

大家族は家事がたいへん!家事をもっと効率的にやりたい!

人数分の洗濯もの、いつも山積みになる食器洗い、夕食の準備も一般家庭の3倍、お風呂の汚れも3倍

中学生以上の子たちがいると、早朝から弁当作り。

赤ちゃんがいると、授乳にオムツ替え。小学生の子には、宿題や忘れ物チェック。

未就学児がいると、幼稚園の送り迎え。考えるだけで目が回ります。

今回このページでは、家事の効率化をテーマにしてお伝えしますね。

家族が多いときの家事は大変!効率的にやれば人数はあまり関係なし!?

大家族の家事を効率的にするには、「家事のシェア」と「大家族のルール」で乗り切るママさんが多いです。

たとえば

  • 「小学生の子供たちは自分の食器は水につけておく」
  • 「中学生の子供たちは食器を洗うところまでやる」

など、無理のない範囲で「家事のシェア」をします。

小さい子に家事を手伝ってもらう場合は、かわいい道具をそろえましょう。

たとえば、お風呂掃除に使うブラシや台所用のスポンジをキャラクターものにしてみてください。

子供たち専用の道具を準備して楽しくお手伝いができるようにしてあげれば「家事のシェア」ができて、ママにとっては効率的な家事となります。

女の子には、包丁やまな板、エプロンも選んであげてみてはいかがでしょうか。

電子レンジ、ホットプレート、ワンプレート、キッチンバサミで時短!

食材は電子レンジでチンしてから炒めると、火の通りが早くなります。

ゆでる前も電子レンジでチンすれば、ゆで時間の短縮ができます。電子レンジレシピをチェックしてみてくださいね。

フライパン料理は、大きなホットプレートを使えば楽になります。

自分たちで、取り分けて食べてもらうだけでもママは楽です。

また、ワンプレート料理にすれば洗い物が少なくなります。

包丁とまな板を使わずにキッチンバサミを使って料理をするようにすれば、食材ごとにまな板を洗う手間がなくなります。

万能ねぎやニラなどは、鍋の上で切ってしまいましょう。

家事の効率化を徹底しよう!洗濯はやり方次第でこんなに楽に!?

洗濯物は

  1. 「洗う」
  2. 「干す」
  3. 「アイロンをかける」
  4. 「たたむ」
  5. 「しまう」

など、作業が多い家事です。雨の日がつづくと、洗濯ものが乾きません。それが大家族の人数分となると、ぼやきたくなりますね。

片付けが楽になるようにするには!

家族分の洗濯ネットを色分けして用意して、必ず洗濯ネットに入れてもらいます。

干すときも、個人別に準備した角ハンガーに干します。

こうすることで、片付けるときに兄弟姉妹で間違うことなく分けておけます。

取り込んだ洗濯物は、家族ごとに山分けしておきます。収納は各自でやってもらいましょう。

まとめ

大家族の家事を効率的にするには、「家事のシェア」と「大家族のルール」で乗り切りましょう。

料理はキチンバサミ、洗濯物は洗濯ネットなどを上手に使ってみてください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村