子どもを乗せる自転車カバーはつける?どんなものがいいの?

働くママは忙しいですね。お子さんを保育園に送り迎えするのに、ゆっくりお子さんの手を引いて歩いてはいられません。

愛用の自転車でさっと送って、お迎えも。風が強い日も、雨の日も、やっぱり自転車は手放せませんね。

でも冬の寒い日や雨の日は、お子さんも寒いし、濡れるし、ちょっとかわいそうですよね。

ところで、最近は、子供用の自転車カバーがあるみたいですよ。

しっかりしたビニール製で、雨にも強いし、透明なので、お子さんが外を見られて快適!

これはぜひ使ってみたいですよね。でも高そう!使い方は難しくないの?

自分で作れないかしら?そんなママたちの疑問にお答えしましょう。

子供乗せ自転車カバーは自分に合ったものがいい!手作りもできる?

子供乗せ自転車カバーは市販されています。種類もたくさんあります。

自転車の椅子の部分からカバーし、お子さんの上半身の部分は透明になっていてファスナーで開け閉めできるタイプ。

透明のカバーをすぽっと被せるタイプ

椅子の足までぐるりとカバーがしてあって、足も濡れないようになっている、さらに体は透明なカバーで覆うようになっているタイプ

ポップアップ式で雨が降り始めたらさっと広げて椅子に掛けるタイプなど、たくさんの種類があります。

素材や安心感はあるけど、少しお値段は高め?

値段は5000円ぐらいから8000円ぐらいです。

お子さんが嫌がらずに使えて、取り付けが簡単なものがいいですね。できればお子さんと一緒に見て、決めるのがよさそうですね。

でも値段が高いし、子どもの送迎は数年間のことだから、自分で作れないかしらというママさんもいるでしょう。

寒さ除けならば、フリースをすっぽり被せるタイプは、簡単に作れます。

雨の日用なら、レジャーシートに透明ビニールを組み合わせれば自家製も可能です。

ただし、ビニールは滑りが悪いのでミシンをかけるのには工夫が必要です。

子供用自転車カバーとヘルメットを義務付けて、より安全で快適に!

雨の日に自転車に乗って片手に傘をさして、片手でハンドルを握っている人がいますよね。

あれは危険ですね。ただでさえ雨で滑りやすいのに、お子さんを乗せていたらなおのこと片手運転は絶対禁止ですね。

雨の日に自転車に乗るなら、子供用の補助椅子にお子さんを乗せ、ベルトも締めて、雨除けのカバーをかけてから、出発しましょう。

もちろんヘルメットも忘れずに!

ママもレインコート着用で颯爽と両手でハンドルを握りましょう。

以前、自転車にお子さんを乗せて出かけ、濡れた道で滑って転んでしまったママさんがいました。

ママさんは膝をすりむきましたが、お子さんはヘルメットをかぶっていたので無事でした。

やっぱり安全な装備で、安全運転が大事ですね。

まとめ

子供用自転車カバーは寒い日や雨の日にあると便利です。

市販品は使い勝手の良いものを捜しましょう。物作りが得意な人なら、自分でも作れます。

雨の日には、自転車カバーとヘルメット着用で、安全運転を心がけたいですね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村