子育てが一番辛い時期はいつ?どうやって乗り越えるのが正解なの?

待ちに待った赤ちゃんの誕生でママも家族もハッピーなはずなのに、なんだか辛い…。

子育ての辛い時期はいったいいつまで続くのかと不安になっているママへ。

子育てに辛い時期があるのは当然です。皆、子育て中に辛い時期があるから色んな所に相談する場所があるのです。

子育てが辛い時期の乗り越え方を一緒に探しませんか?

子育てがつらい時期は誰にでもある!気軽に相談できるところとは?

子育てに辛い時期は誰にでもあります。産まれてすぐ辛いかもしれない。魔の2歳児と言われる時期が一番辛いかもしれない。

幼稚園に入る頃に辛い時期がくるかもしれない。小学生、中学生になっても子育てを辛いと感じる時期がある人だっています。

パパに相談

子育てが辛いと感じたら、まずはパパに相談することが一番です。

子育ては家族で支え合ってするものです。

親に相談

子育て先輩の親の意見は経験からくるものなので、参考になることも多いです。

でも子供も色々、親も色々、時代も違います。アドバイスを全て受け入れる必要はありません。

友達に相談

先に出産した友達や子育て経験のある友達、同じ年頃の子供を持つママ友に相談をきいてもらうとスッキリすることも。

ただし、なんでもかんでも喋りすぎないように気をつける必要があります。

今住んでいる場所にも相談できる場所はたくさんありますよ。

自治体の子育て支援センター

市役所など住んでいる自治体のホームページを探してみてください。

相談できる場所の一覧があります。

保育園の子育て相談

子育て相談を無料でしてくれる保育園もあります。

事前に問い合わせて予約が必要なことが多いです。

大学の臨床心理相談室

お住まいの近くの大学に、臨床心理学科があれば、一般向けに相談室を設けている大学もあります。

親子ふれあいコミュニティー

出産した病院や自治体の開催する母親学級ではパンフレットやチラシをもらうこともあります。その時は必要だと思っていなくても、後から必要になることも。

病院の待合室に置いてある場合もあります。

今を楽しく乗り切ろう!子育てが辛い時におすすめの解消法とは?

子育てが辛い時の解消法は人それぞれなので、実は無限にあります。

ママ達が辛い時によく使っている解消法を紹介しますので参考にしてくださいね。

解消法1 

子育ての何が辛いのか書き出してみる。

書き出すだけでかなり多くの気持ちや雑念がスッキリします。嘘だと思った人こそ試してもらいたいですね。

解消法2

スッキリするまで誰かに話を聞いてもらう。

話を聞いてもらうというのは前述しましたが、書き出すことと同様自分の気持ちを打ち明けると整理して冷静になることが出来ます。

解消法3

育児が辛い時はパパにはっきり伝える。

協力できる一番身近な人がいれば、絶対に頼るべきです。頼り切ることはよくないですが、まず伝えること。その上でどうするかを考えましょう。

解消法4

定期的に自分へのごほうびを考える。

自分を追い詰めすぎていませんか?少し自分を甘やかすということも、考えとしては必要です。

解消法5

家事などで手を抜けるところを探す。

他にも記事を紹介しておりますが、効率化を追求すると余裕が生まれます。人には余裕が絶対に必要です。

解消法6

1人になる時間を作る。

たまには1人でゆっくりする時間を作りましょう。知らず知らずのうちにストレスを抱え込んでいる自分に気付けます。

解消法7

誰かに頼る勇気を持つ。

身近な人やその他、頼る人は多く必要です。頼ることが難しい人ほど心を壊してしまいます。

まとめ

子育てが辛い時期があるといことは、それだけ一生懸命子育てしている証拠です。

ママだって1人の人間ですから、子育てが辛い時期やイヤになる時だってあります。

だから1人で悩まず、誰かに話を聞いてもらったり、相談したりして、思いを発散したり冷静になる時間を作りましょう。

解消法1はかなりおすすめですよ。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村