女性の一人暮らし!?絶対間違いたくない部屋探しのポイントとは!!

初めての一人暮らし。どんなことに注意して部屋を探せばよいか困りますよね。

特に女性の一人暮らしとなれば「部屋の広さ」、「間取り」、「周辺環境」など部屋探しをする際に必要なポイントがいくつかあります。

この記事ではそういう時に必要な『絶対間違いたくない部屋探しのポイント』を紹介していきます。

部屋探しを始めるには!?一人暮らしに必要な部屋の広さと間取りを知ろう

部屋探しを始める前にあなたは何を重視するかを考えることが重要です。家賃なのか、会社からの距離なのか、それとも住みやすさを重視するのか。

何を重視するかである程度物件をしぼることが出来ます。まずは柱となる部分をある程度決めておきましょう。

家賃・距離・住みやすさの柱をまず決める!

柱となる部分が決まったら部屋探しです。

部屋を探す際の家賃の目安は、自分の貰う給料の手取りから30%前後が良いと言われています。また家の広さは20㎡以上が一般的です。

女性の一人暮らしの場合1Rか1Kです。予算に余裕があれば1DK・1LDKが良いでしょう。

ここで女性の一人暮らしに多く選ばれる、1R(ワンルーム)、1K(ワンケイ)についてふれておきます。

1Rと1Kの違い

1Rは1部屋の間取りでキッチンと生活スペースに仕切りがありません。

1Kは1部屋の間取りでキッチンと生活スペースに扉などの仕切りがあります。

1Rのメリット・デメリット

1Rのメリットは、キッチンと生活スペースに仕切りがない為、1Kに比べて家賃が安いです。また仕切りがない為、部屋が広く感じます。

1部屋でまとまっているのでキッチンや脱衣所との温度差がありません。冷え性の方にはおすすめです。掃除が楽なのもメリットとして挙げられます。

デメリットは玄関を開けると生活スペースが丸見えである所です。宅配便の受け取りや出前を取る際に、玄関先から部屋が見渡せる可能性があります。

他にはキッチンと生活スペースが一緒なので

  • 料理のにおいなどが洋服についてしまう
  • 窓を開けると部屋中の温度が変わってしまう
  • キッチンが狭い

などが考えられます。

1Rは「家賃があまり高くない所に住みたい」、「あまり自炊をしない」、「あまり家にいない」人におススメと言えます。

1Kのメリット・デメリット

1Kのメリットは、キッチンと生活スペースに仕切りがあるので

  1. キッチンのにおいが部屋に広がらない
  2. トイレやお風呂の音が聞こえにくい
  3. 玄関から生活スペースが見えにくい

この3点が挙げられます。

デメリットは

  1. 1Rと比較して家賃が高い
  2. 1Rと同じ広さであっても仕切りがある事で狭く感じる

などがあります。

1Kは「料理好き・自炊をする」「しっかりと生活スペースを分けたい」人におススメです。

迷った時の部屋を決める参考ポイント

家を決める際、間取りや部屋の広さが似たような場所で決めるのを迷った時

  • 天井高さ
  • 窓の大きさ
  • 日当たり
  • 収納スペース
  • バルコニーの広さ(洗濯がしやすいか、洗濯物を干せるか)

などでも決めるポイントになります。

部屋探しをする時に周辺環境にも気を配って下さい。

  • 交通機関が近くにあるか?
  • 夜遅く帰宅する時に帰り道は明るいか?
  • 帰り道に電灯はあるか?
  • ヒールでも通勤できる道路事情であるか?
  • 家の近くにゴミステーションが完備されているか?
  • 防犯はしっかりしているか?
  • 上下左右の部屋の騒音はないか?
  • 家の近くに電車や高速道路が走っていて音が気にならないか?
  • シャワーの水圧は適度にあるか?

などなど、住み始めてから“しまった…”と思う事がないよう、細かいことでも気にするようにしましょう。

これなら安心!!一人暮らしの部屋探しサイトはココで決まり!?

不動産会社をそれぞれ回って気に入った物件をあちこち内見する時間があれば良いのですがなかなかそうはいきません。

そんな時、便利なのが賃貸物件を簡単に探せるサイトです。大手の不動産会社が力を入れてこのサイトを運営しています。

しかしこういったサイトも多くあるので、どのサイトが良いのか見当もつきません。賃貸物件を探す時の手助けになるサイトをご紹介します。

部屋探しサイトも見るべきポイントがある

部屋を探す際に必要なポイントがありましたが、サイトを見る時も必要なポイントがあります。

情報量(物件の多さ)とサイトの使いやすさです。

賃貸物件数はサイトに入ると分かります。大手のサイトであれば物件数にさほど差はありませんが、加えて物件情報を細かく紹介しているサイトがあります。

そういったサイトであれば自分に合った部屋探しをしやすくなります。

サイトの使いやすさも重要です。検索方法が多いサイトやこだわり検索(ペットを飼える物件を探したいなど)が出来るサイトは非常に便利です。

また特殊なサービスをしているサイトもあります。スマホで打ち合わせから内見までしてくれるサイトやキャンペーン値引きがあるサイトもあります。

値引きがあるサイトはほとんどありませんので、そういったサイトで気に入った物件があればお得になりますよね(笑)

全部踏まえた上でのおすすめサイト3社

こういった事をふまえておすすめサイト3社を紹介します。

が良いでしょう。

物件数・情報量、サイトの使いやすさ全てにおいて優れています。

どの地域で物件を探す事になっても、自分に合った部屋探しを出来る事間違いなしです。

まとめ

女性が一人暮らしをするための部屋探し。まず必要な事は、

  1. 予算
  2. 住みたい場所
  3. 住みやすさ

の3つです。

これが決まれば

  1. 部屋の広さ
  2. 間取り
  3. 周辺環境

を確認し、物件を決める。このような流れとなるでしょう。

そして、大体のイメージが出来たらどこに相談するか。

信頼できる不動産会社があって1件1件物件を確認できる時間があればベストですが、それが難しいようであればネットで部屋探しサイトを確認するという手段が妥当です。

安心できるサイト3社を選ぶなら「SUUMO」、「LIFULL HOME‘S」、「スマイティ」が良いでしょう。

新しい生活の第一歩を踏み出す為の住まいですから、失敗しない部屋探しが大切です。

あたなの心が休まるお部屋が見つかりますよう頑張って下さいね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村