ビフィズス菌、乳酸菌、オリゴ糖の効果。善玉菌がもたらす影響とは?

ビフィズス菌や乳酸菌、オリゴ糖は腸内環境を整えてくれます。

体に良い働きをするビフィズス菌は日本でも広く知られていますが、もともと人間の腸内には腸内細菌がバランスを保ちながら棲み付いています。

善玉菌や悪玉菌などの腸内細菌の数は数百種類あり、数は数百兆個にもなります。

広く知られている有名なビフィズス菌とは?

1899年にパスツール研究所で発見されたビフィズス菌は人間の腸に棲む善玉菌です。

ビフィズス菌には整腸作用があり腸内環境を良好にします。酢酸を作ることができるので乳酸菌よりも優れています。

酢酸には強力な殺菌力があり、腸の粘膜を保護します。酢酸は体に悪影響を及ぼす悪玉菌から腸内環境を守ります。

人によって異なる腸内細菌

腸内にいる菌は人によって異なります。

体全体の健康に大きく関与しているのが腸内フローラです。

小腸から大腸にかけて、様々な細菌が種類ごとにグループを形成して腸壁に棲み付いています。

腸の中を顕微鏡でのぞいてみると花畑のように見えることから、腸内フローラと呼ばれます。

腸内細菌は大きく分類して3つ

腸内細菌は大きく分けて3つに分類され、体に良い働きをするのが善玉菌です。善玉菌の代表がビフィズス菌などの乳酸菌です。

善玉菌は悪玉菌の増殖を防ぎ、腸内の運動を促してお腹を整えます。悪玉菌は腸内で有害物質を作ります。

悪玉菌が増殖すると、お腹の調子が悪くなって便秘や下痢などの症状が出ます。腸内には優勢な方に味方する日和見菌もいます。

悪玉菌を減らして腸内フローラを整えるためには、善玉菌が優勢になるように腸内環境を正常にすることが大切です。

乳酸菌は炭水化物などの糖を利用して乳酸をつくる細菌を指します。種類が多く腸内を酸性にして腐敗を防ぎます。

腸の蠕動運動をサポートして便秘を改善するので、便秘対策のために毎日摂取する人も多いです。

肌トラブルの原因になる便秘の対策にも

便秘は様々な肌トラブルの原因になります。

大人ニキビで悩む人が増えていますが、大人ニキビの原因のひとつが便秘です。腸内環境を整えて便秘を解消することは、美肌作りにも役立ちます。

お腹がスッキリすると体も軽くなり、元気に活動できます。

最近の研究で乳酸菌の免疫力を向上させる効果や、血中コレステロール値を下げる働きが明らかになっています。

腸内細菌のバランスを改善して健康によい影響を与えるため、男女を問わず多くの人が健康と美容のために活用しています。

オリゴ糖に期待できる効果とは?

甘味料として人気があるオリゴ糖は砂糖の仲間ですが、砂糖とは異なり胃や小腸では消化吸収されずに大腸まで届きます。

大腸に届くと腸内細菌によって発酵され、乳酸などの有機酸を作り出します。有機酸は腸内を弱酸性に保つことで悪玉菌が増えるのを防ぎます。

オリゴ糖はビフィズス菌の栄養となって増殖を助けます。他の糖質に比べて低エネルギーなのが特徴です。

体によい働きをするためにオリゴ糖を摂りすぎる人もいますが、摂りすぎると体重が増えてしまいます。

まとめ:オリゴ糖も積極的に摂って基礎的な免疫力をつけよう

オリゴ糖は大豆やバナナに多く含まれています。

市販されているオリゴ糖は種類が多いので、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村