乳酸菌は死滅しても効果がある?とにかく摂取することで得るメリット

乳酸菌は生きたまま腸に届いてこそよい働きをするのだと考えられがちです。

しかし種類も多く、また体内に取り込まれると発揮する効果がそれぞれに違いが
あり、性質もかなり異なるようです。

生きて届くのが全てではなく、その亡骸でさえも私達にとっては良い効果があるとされています。

代表的なビフィズス菌はとても弱い

よくヨーグルトのパッケージに、入っている菌の名前が記されてあるのを見かけます。

代表的なのはビフィブス菌です。腸内に取り込まれることで便通をよくして便秘改善を行うため、整腸剤にもよく使われています。

しかし実際は熱に弱く、50度付近になると死滅しはじめ、70度になると1分も経たないうちに全滅してしまいます。

また酸にも弱いので空腹時にヨーグルトを食べると、胃の中に入ったビフィブス菌はほぼ胃酸で全滅してしまいます。

漬物から見られる植物性の乳酸菌も酸や熱に弱い

また漬物から発見された植物性の乳酸菌であるラブレ菌は、腸内に入る事で悪玉菌が増えるのを抑制する働きがあり、腸内環境を整える効果があります。

しかし実際は熱や酸に弱く、やはり腸内でほとんどが死滅してしまいます。

酸や熱に弱く、胃腸に入ると死んでしまうようでは、食べ物やサプリメントなどに乳酸菌を使うのは意味がない…と思ってしまいます。

しかし死滅してしまっても、その効果がなくなることはありません。

生きたまま届く菌とそうでない菌の役割

腸内に生きたまま届く種類の菌もいて「生菌」と呼ばれ、逆に死んでしまう菌のことを「死菌」といいます。

体内に入って胃酸や胆汁酸で死んでしまった菌のことを死菌というのですが、死ぬと何も働きがないというわけではありません。

退治された悪玉菌を付着させて、体外に付着させて便にして排出をするという食物繊維と同様の働きをしてくれます。

また死菌を構成している成分は、他の菌達のえさになるのです。

死菌にも大きな役割がある

死んでしまった菌は体内に生き残っている生菌やもともと体内に存在している
善玉菌に食べられ、増殖させているための食糧となり役立っているのです。

さらに死んでしまった菌は腸内において腸壁に刺激を与えて免疫細胞の増殖を
促進させます。

この働きで体内の免疫力を高める事ができます。

免疫力が上がると体外から入ってくる風邪やインフルエンザなどにかかりにくくなりますし、花粉症の時期にはアレルギー症状が出るのを抑えてくれます。

熱処理を行い死滅してしまっても、乳酸菌には効果があることが判明しています。

まとめ:乳酸菌はどのような状態でも体にいい影響を及ぼしてくれる

また、菌を生きたまま腸内へ届くようにするためには、大量に菌を摂る必要性があります。

しかし体調を崩したり、加齢で歳を重ねると新陳代謝が悪くなり、腸内に届けることがかなり困難になります。

死菌になることで体内で効果を出す乳酸菌の存在もあるので、一概的に生きて届くのが絶対というわけではありません。

生きたまま腸内に届き、効果を発揮してくれる乳酸菌が使われている食品
をはじめから選んで食べる事が望ましいです。

が、熱を加えてあえて死菌になることで体内で効果を発揮してくれる種類の菌もいます。

はじめから効果がないと否定するのではなく、乳製品を積極的に摂っていくことで体内改善を行うことができます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村