緑茶に含まれるカテキンの働きは健康や美容にとてもいい?その理由

緑茶はお好きでしょうか。

緑茶は日本人にとって一番なじみのある飲み物であり、入れた時に漂う香りはとてもほっとできるものがあります。

普段何気なく飲んでいる緑茶ですが一体どのような健康効果や美容効果があるのでしょうか。

緑茶に含まれるカテキンとは一体ナニモノ?

カテキンはポリフェノールの一種で主にお茶の苦味成分がポリフェノールです。

緑茶中の主なカテキンの成分は4種類ほど含まれています。

緑茶を抽出した液の中の主な健康への効果は、まず抗酸化作用があります。

カテキンの抗酸化作用

活性酸素は毒性があって体内の細胞を酸化させてしまい、シワやシミ、老化や病気の原因になってしまうものです。

抗酸化作用はその活性酸素を除去するので、老化や病気の予防に役立つのです。

カテキンは毒性のあるスーパーオキシドや一重項酸素と呼ばれる活性酸素を無毒化する働きがあり、そして美容や健康に良い効果をもたらしてくれます。

抗ウイルス作用も?

また抗ウイルス作用もあります。

細菌にもウイルスにも効果があり、ウイルス細胞の中で増殖するウイルスはインフルエンザなどといったものが代表的です。

それが体内に入ると、決められた細胞にくっついてしまう働きがあります。

そのまま取り入れてしまうと風邪などを引いてしまうのですが、そのくっつきにくい状態にすることができるのがカテキンのパワーです。

そのため、細胞内でウイルスなどが増殖せず結果的に風邪予防に役立つのです。

コレステロールを下げる作用

またコレステロールを下げる作用もあります。食事中のコレステロールの吸収を抑えて排出を促すデトックス効果と言われています。

コレステロールはLDL悪玉コレステロールとHDL善玉コレステロールの2種類があります。


動脈硬化を引き起こして心筋梗塞や脳梗塞の原因となってしまうLDL悪玉コレステロールの量を低下、しかし善玉コレステロールには影響を与えません。

そのため、とても動脈硬化の予防に役立つのです。

血糖の上昇も抑えてくれる

また血糖の上昇を抑える作用もあります。

食後腸から糖の吸収を抑える働きがあるので、ご飯やパン麺類など糖質をたくさん含む食品や菓子類果物などで血糖が上がってしまいがちです。

カテキンの作用はその吸収率を下げるので、血糖値が上がらなくなるのです。

他にも効果がたくさんあるカテキン

抗菌作用があり、食中毒の原因ともなるO157など入った食中毒の菌や胃潰瘍や胃がんの原因となるピロリ菌の増殖も抑えることができます。

食中毒予防に潰瘍の予防に効果的であるのみならず、虫歯の原因となるミュータンス菌を抑えることもでき虫歯予防までできます。

肝臓での脂質代謝を高めエネルギー消費を高めることによって体脂肪を減少させる効果もあります。

それによって肥満を予防できるのです。

継続的に摂取すると良いことばかり

継続的にカテキンを摂取し続けると、食事性脂肪の燃焼を上げ食事誘発性体熱産生もかなり上げることができるようになります。

これは食事後の消化吸収によって、消費エネルギーがどれくらいになるかということを表す数値です。

基礎代謝や身体活動代謝や食事誘発体熱産生の三つのうち、消費エネルギーは10から15%。

内臓脂肪が多い人は、消費エネルギーを増加させ肥満予防に役立つのです。

まとめ:カテキンを上手に取り入れて、毎日の健康に役立てよう

このような良いことがたくさんあるカテキン。

日本人なら緑茶は身近でもあり、お茶離れが叫ばれていますが成分を上手に摂取して健康な生活を送りたいですね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村