二人目の出産で産後も忙しい!どうやって家事と育児をしたらいいの?

今回の話題は以下の内容になります。

  • 産後の家事と育児
  • 二人目の育児と家事
  • 二人目の育児と家事の両立
  • 育児と家事を旦那さんと分担して、ストレスを作らないようにする工夫

初めての出産のときは、誰もが産後の生活の予測がつかない中での育児と家事だったと思います。

そして二人目は同時に複数のお子さんを相手にする体力面と時間配分も考慮する必要があります。

二人目の出産後、家事と育児がうまく両立できずに困っている皆様!どうぞご覧ください。

二人目の育児は一人目を参考に!家事を上手く両立する方法とは?

二人目の育児は一人目を参考にとありますが、育児そのものついてはわかっていらっしゃいますよね。

難しいのは、上のお子さんと赤ちゃんの両方を相手にしないといけないことだと思います。

二人目の育児と家事を両立させるためには、やらなくても回る部分は引き算しましょう!

そこを割り切ることができたら、疲れ切ることはなくなります。

例えば上のお子さんが玩具を片付けなかったり、テレビばかり見ている状況の時どうしていますか。

しつけの心配よりも、自分がイライラするからという感情を上のお子さんにぶつけてはいませんか?

玩具は後で片付ければ良いし、テレビは見させてあげれば、上のお子さんは大人しくしてくれるはずです。

頭ごなしに叱りつけると、お子さんが泣いてしまい、家事も赤ちゃんのお世話もできなくなってしまいます。

そのように、やらなくても回る部分は引き算しましょう。

育児と家事を旦那と分担!少しでもストレスフリーな環境を作ろう!

二人目の育児と家事で両立するには、旦那様の協力が必要です。

パパに上のお子さんの相手をしてもらうだけでもママは助かるはずです。

赤ちゃんのお世話をしながら、家事もなんとかこなせるでしょう。

例えば上のお子さんが一人でお風呂に入れなかったり、歯磨きも覚えてない状況になったとします。

そこでパパの出番となり、しつけの一部を手伝ってもらいましょう。

一つ注意したいのは、上のお子さんの気持ちです。

上のお子さんもママに甘えたいはずなので、表情や態度に出ている様子を見逃さないように注意してください。

その上で交代してそれぞれのお子さんに平等に愛情を分けてあげることが重要です。

まとめ

二人目のお子さんの育児に気を取られて、上のお子さんのことを考えてあげないとパニック状態になります。

二人目の育児と家事を上手にこなすには、やらなくても回る部分はやらないようにすることが重要です。

また旦那さんに上のお子さんの相手をしてもらいましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村