帝王切開ってどんなリスクがあるの?自然分娩より痛いって本当?

今回は以下の話題で構成されています。

  • 帝王切開のリスク
  • 帝王切開の術後の回復
  • 一人目が帝王切開だった場合、二人目も出産も帝王切開になる理由

帝王切開が決まって、不安や疑問に感じていることがある妊婦さん!どうぞご覧ください。

帝王切開は麻酔をするから痛くない!術後の回復に時間がかかる!

帝王切開は麻酔をするから痛くない!

クリニックの説明を受けると思いますが、帝王切開は硬膜外麻酔を最大限活用されるので痛くありません。

クリニックでは、24時間全身麻酔による帝王切開手術に対応可能としているところが増えています。

術後の回復に時間がかかる!

回復には、手術から4~6週間かかります。

自然分娩よりも帝王切開のほうが入院の期間が長くなるのは、術後の回復に時間がかかるからです。

医師の手術後の経過に問題なしという判断があるまでは、帝王切開後のママは車の運転や運動は禁止です。

そのタイミングは、手術から2~4週間後です。

帝王切開をすると自然分娩ができない!二人目も同じ出産方法になる!

一人目が帝王切開だった場合、二人目も出産も帝王切開になる理由は、母体と胎児の安全確保のためです。

帝王切開をした場合は子宮の切った部分が弱くなってしまうというのが最大の理由です。

中でも特に心配なのは子宮破裂です。

子宮の収縮に耐えられず破れた箇所から赤ちゃんの手や足が飛び出してしまう恐れがあるのです。

次の妊娠まで少し間を空けたほうが良い?

子宮の縫合部分が回復していないと、妊娠時に手術をしたところが開いてしまう心配があります。

ですから、子宮の傷が癒えるまでは、次の妊娠は期間を空けることが望ましいとされています。

最低1年以上を念頭においておきましょう。

帝王切開での出産は3人までとなっているのは?

帝王切開をした部分は、手術すればするほど薄くなっていきます。

また腸などと癒着してしまう可能性があるので、お子さんを沢山妊娠することは不可能になります。

帝王切開で出産した場合でも、自然分娩に成功することをVBAC(ブイバック)と言います。

これは医師が判断するもので、自分で自然分娩を選択することはできません。

まとめ

自然分娩よりも帝王切開のほうが入院の期間が長くなるのは、術後の回復に時間がかかるからです。

医師や助産師に適切な処置やサポートを受けながら、安静に過ごしてください。

帝王切開は術後も心配になることがありますが、赤ちゃんを迎えることができる喜びを噛み締めて乗り越えてください。

母子ともに健康であることをお祈りします。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村