育児と家事や仕事の両立に疲れた!どうやってこなしていけばいいの?

今回の話題は、ワーキングマザーさんたちにお伝えする内容になります。

育児と家事、そして仕事の両立ができなくて悩むワーキングマザーさんたち!どうぞご覧ください。

仕事や家事と育児の両立のコツとは?できないをできるに変える!

仕事や育児は手を抜くわけにはいかないので、家事をゆるめることを考えていきましょう。

タイムスケジュール的に困るのは、家事の中では洗濯です。

仕事の時間帯が洗濯物を干すタイミングとしてはベストですが、それができません。

ですからワーキングマザーは夜に洗濯ができるようにします。

洗濯機は音がうるさくないものに買い換えたほうが良いです。

できれば乾燥まで全自動でやってくれるタイプを購入しましょう。

また洗った洗濯物はご主人に自分のものだけでも畳んでもらうようにお願いすることも重要です。

お子さんが熱を出して保育園に行けない日は、病児保育の施設を利用してください。

この様にしてなるべく会社の仕事に穴を空けないように工夫してください。

そうすることで、精神的に自分を追い詰めずに済みます。

育児を楽しくするためには、お子さんの成長に喜びを感じることが最大のコツとなります。

写真を撮影したくなるのは、お子さんのかわいい瞬間がたくさんあるからですよね。

それを力(チカラ)にするしかありません。

育児しながら家事や仕事が楽しくなる!できる人の効率化を学ぶ!

育児の効率化は、作業となるところの効率化です。

乳幼児ならミルクは液体ミルクにして、離乳食は離乳食専用のレトルトを利用するなどしてください。

おこさんが小学校1年生になったときは、学童保育を利用する方法もあります。

少しでもワーキングマザーの助けになる環境は整えてしまいしょう。

家事の効率化は、どうでしょうか?

ワーキングマザーの家事効率化を図るには、朝家事を時短したいです。

朝家事の時短のポイントは、寝る前にまな板と包丁を取り出し準備しておきましょう。

ワーキングマザーの料理家事には、作り置きは必須です。

例えば野菜は買ってきた日にカットして冷凍しておけば、味噌汁や炒め物等に使えます。

仕事の両立のために、夕食の残り物も朝食に活用しましょう。

まとめ

ワーキングマザーの勝負所は、朝家事です。

もっともドタバタして、ストレスになる時間です。

この朝家事を上手にこなすには、夜のうちにやっておけることは済ましておくことです。

朝家事に余裕ができれば、毎日のサイクルが良い循環になっていきます。

まずはそこからやってみてください。

そして病児保育や学童保育の利用、便利家電の利用等、便利なるサービスを効率的に利用しましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村