えっ?大学卒業までこんなにかかるの?子育て費用シミュレーション!

最近少子化が進み、一家庭でもお子さんは1人か2人あるいは3人ぐらいでしょうか。

でもほとんどのお子さんが大学や時には大学院まで進学しますね。

そうなると、一体教育費がいくらぐらいかかるのか?

パパやママは心配になるかもしれません。

その時期になって慌てないように、子育て費用をシミュレーションをしておきましょう。

ここで、主に教育費を中心に子育て費用を考えてみました。

子育ての費用の統計から読み解く最近の教育費の事情とは

文部科学省の調査によると、子どもの学習費は次のようになっています。

  公立 私立
幼稚園 23万4千円 48万2千円
小学校 32万2千円 152万8千円
中学校 47万9千円 132万7千円
高等学校 45万1千円 104万円
大学(初年度) 76万7千円 131万6千円

ただし保育料無償化の影響で、幼稚園の場合は3歳児から月額4千円程度の負担となりました。

これ以外に学習塾や習い事、校外活動費用も必要になります。

例えば小中学生の習い事や学習塾、家庭教師に掛かる費用は次のようになっています。

    習い事 学習塾 家庭教師等
小学校 公立 12万1千円 5万7千円 1万5千円
  私立 25万8千円 21万7千円 3万7千円
中学校 公立 5万8千円 17万5千円 2万9千円
  私立 10万3千円 13万円 3万3千円

また、大学進学時に自宅外通学になると、公私を問わず年間100万円以上の生活費が必要になります。

子育て費用シミュレーションで我が家の必要額を知ろう!

ここで具体的に、子育て費用の内学費についてシミュレーションをしてみましょう。

公立のみ

幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学すべてを公立学校にすると全体で、約782万円かかります。

公立から私立大学文型

幼稚園、小学校、中学校、高等学校まで公立で、私立大学文型に進学すると、約930万円かかります。

高校から私立、私立大学文系

幼稚園、小学校、中学校まで公立で、私立高校、私立大学文型に進学すると、約1105万円かかります。

中学から私立、私立大学理系

幼稚園、小学校は公立、私立中学、私立大学理系に進学すると、約1501万円かかります。

小学校から私立、私立大学理系

幼稚園は公立、小学校、中学校、高等学校は私立、私立大学理系に進学すると、約2224万円かかります。

コースによって相当の違いが出ることが分かります。

自分に家の収入を考えて、無理なく進学できるところを探すべきです。

しかし公立大学に進学するかどうかはわからないので、一人500万円ぐらいの備えをしておきたいものです。

お子さんが公立小中学校に在学中の一番節約できる時期ににできるだけ教育費を貯蓄するのが得策でしょう。

まとめ

教育費はかなりかかります。

幼稚園から大学まで公立に進学したとしても、700万円以上、すべて私立にすると2200万円もかかります。

早いうちから計画を立てて、教育費の準備をしたいものです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村