家事にかける時間は短縮できる?時短テクニックを知りたい!

家事に休日はありません。一年中、掃除、洗濯、食事の支度はあります。

でもやりようによっては、簡単にまとめて短時間で終わらせる方法もあります。

忙しい主婦のために、家事の時短方法を考えてみました。

家事の時短テクニックとは?家事時間は平均これだけ短縮できる!

家事の時短を目指すなら食事の支度はまとめてするのが合理的です。

シューマイや餃子、ハンバーグやミートローフ等は、一度に沢山作って冷凍します。

シチューやカレーやおでん等は2~3回分ぐらい作って冷蔵庫で保管してください。

そうすれば味がしみて美味しくなります。

さらに主菜ができていれば後はサラダやお浸し味噌汁などを作るだけなので、15分もあれば十分です。

何もストックがない時は、鍋物です。

肉は魚を見繕い、野菜はあるものを刻んで、たれを用意するだけです。

もっと急を要する時はご飯だけ用意して、お総菜と野菜を購入して用意するのもいいですね。

掃除は極力その都度やりましょう。

以下の場所はお湯をかけてブラシや布巾で拭くだけでもだいぶ違います。

  • トイレやお風呂
  • 便器や便座
  • 風呂場の床
  • 洗面台や鏡
  • 台所

こうしておけば汚れがこびりつくことなく、本格的な掃除は1週間に1度でも綺麗にしておけます。

部屋の掃除も部屋の片付けをしておけば、15分あれば足りるでしょう。

洗濯はまとめてやりましょう。

大人数の家族は難しいですが、少人数の家族ならば2日に1回でもいいわけです。

まとめて洗えば時間も労力も節約できます。

アイロンかけも、1週間分を1回でもいいのです。

このような時短テクニックを駆使すれば、1日に1時間近くの時間を節約できます。

主婦の自由時間が増えるわけですから、やってみる価値はありそうですね。

家事の時間を賢く短縮!家事に掛かる時間の内訳を知ろう!

まず平均的な家事時間を調べてみました。

  • 朝食の準備と片付け 40分
  • 洗濯を干してしまうまで 30分
  • 掃除 30分
  • 昼食の準備と片付け 40分
  • 夕食準備と片付け 100分

全体では4時間かかります。

これ以外に毎日ではないにしても買い物に行くと30分は必要です。

上記の時短テクニックを使って1時間ほどの時短を実現できるといいですね。

まとめ

家事はやりようによって短時間でも終わらせることができます。

食事の支度と洗濯はまとめて、掃除はその都度やるのが賢明です。

家事の時間は4時間ぐらいかかるのが平均的ですが、1時間ぐらいの時短は可能です。

ご家庭の事情に合わせて賢く時短家事を心掛けましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村