風呂の鏡を掃除したい!鏡の汚れに重曹が役に立つって本当?

今回の話題は、次の様になります。

  • 風呂の鏡の掃除
  • 風呂の鏡のウロコを重曹でキレイに落とす方法
  • 風呂の鏡に付着する水垢を防止する方法

風呂の鏡をピカピカにしたい主婦の皆様!

風呂の鏡をスッキリさせたまま使いたい主婦の皆様!どうぞ参考にしてください。

風呂の鏡が驚くほどピカピカに!目からウロコの重曹活用術とは?

それでは、風呂の鏡のウロコを重曹でキレイに落とす方法をお伝えしていきます。

まず明確にしておきたいのは、重曹で落とすことができるのは石鹸カスによる汚れであることです。

ウロコになっている水垢そのものは、クエン酸や酸性の洗剤を使って落としてください。

はじめに重曹で鏡をパックすることで、水垢に含まれる石鹸カスや体から出たアカなどを落とします。

そうすることによって、酸性の洗剤で水垢を落としやすくなるということです。

手順としては、まず40度のお湯100mlと小さじ1杯程度の重曹で重曹スプレーを作ります。

鏡に重曹スプレーをふりかけて、キッチンペーパーとラップでパックします。

30分ほど放置してから、キレイな水で洗い流しましょう。

そのあと、酸性の洗剤(トイレ用のサンポールでもOK)で水垢を落としてください。

風呂の鏡をきれいに保つコツとは?水垢防止の方法をご紹介!

付着する水垢を防止する方法は、鏡をコーティングする方法とある掃除道具を使ってみましょう。

風呂の鏡をコーティングして水垢を防止する方法

 風呂の鏡をコーティングして水垢を防止する方法には、液状のりを使います。

他に準備するものは、水を入れたスプレーボトルです。

それでは、液状のりによる鏡をコーティングの手順をご覧ください。

  • 鏡の数か所に、液状のりを塗りつけます。
  • 液状のりを塗りつけたところに、スプレーボトルで水を吹きかけます。
  • 手で、のりを鏡の全体に塗り広げます。
  • ティッシュやキッチンペーパーなどで、余分な水分を取れば完成。

液状のりで鏡の表面をコーティングすることで、水垢汚れはのりの上につくようになります。

その水垢汚れは、のりごと洗い流すだけなので掃除が楽になりますよ。

液状のりのコーティング効果は、1週間ほどが目安です。

ある掃除道具を使って風呂の鏡の水垢を防止する方法

ある掃除道具というのは、スクイジー(ワイパー)です。

このスクイジーで、お風呂を使い終わったあと、鏡についた水気を切ってください。

それだけでも鏡の付着する水垢を予防することができます。

なぜ水垢汚れを防止することができるかと言うと、水垢の原因が水道水にあるからです。

水道水が鏡についたままにしておくと、水分が乾いたあと水道水に含まれている硬度分だけ残ってしまいます。これを何度も繰り返すと目立つようになり、水垢となるわけです。

ですから、鏡に水滴を付けたままにしないだけでも水垢防止になるのです。

スクイジーをすぐに使えるように風呂場内に置いておくためには、金属が使われていないものを選びましょう。

金属部品が含まれたスクイジーは風呂場にサビがつく原因になるので、樹脂製のスクイジーがおすすめです。

まとめ

風呂の鏡をピカピカにするには、重曹を使ってみてください。

水垢防止には、液状のりによる鏡をコーティングまたはスクイジー(ワイパー)を使う方法が有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村