風呂の床や天井はどうやって掃除するの?スポンジやたわしはいる?

今回の話題は、次の様になります。

  • 風呂の床の掃除道具
  • 風呂の天井の掃除道具
  • 天井や床の汚れを落とすコツ

新しく道具を揃えようと思っている主婦の皆様!どうぞご覧ください。

風呂の天井や床の汚れを落とす!おすすめの掃除道具とは?

この項目では、おすすめの掃除道具をそれぞれわけてご紹介していきます。

どうぞ参考にしてください。

風呂の天井の掃除道具

風呂の天井の掃除道具は、柄が長いのが一番の特徴です。

伸縮できるタイプにするか、そのままのタイプにするかというあたりは収納スペース次第でしょう。

天井を磨く部分は、スポンジタイプか、特殊繊維のブラシタイプになります。

消耗してきたらその部分だけを取り替えるのか、まったく新しい道具に買い換えるかしてみましょう。

いくつか商品をリストしておきますね。

「激落ち 黒カビくん 天井カビ取りワイパー」

https://item.rakuten.co.jp/lecdirect-2/4903320591509/

「マイクロファイバー水だけバスモップ[コジット]」

https://item.rakuten.co.jp/cogit/046875/

「バス洗いロング スポンジ ブラシ」

https://item.rakuten.co.jp/onestep/hx0142/

「レック 激落ちくん しぼれる!のび~る(メラミン)」

https://item.rakuten.co.jp/lecdirect-2/4903320589698/?s-id=pc_shop_recommend&rtg=91d15c4f119e60a95795ea2765621eaf

「バス用 天井カビ取りブラシ」

https://item.rakuten.co.jp/colorfulbox/4973381124459/

風呂の床の掃除道具

風呂の床の掃除道具は、柄が短いハンディタイプが主流です。

柄が短いメリットは、床に対して力を入れやすいことですね。

またハンディタイプの掃除道具を持ったときは床の汚れに対してアプローチしやすくなります。

こちらも、いくつか商品をリストしておきますね。

「お風呂洗い QQQ バスクリーナー タイル 目地 をゴシゴシ磨ける! 【フッキングブラシ】」

https://item.rakuten.co.jp/nikurasu/150119201/

「tidy Platawa for Bath プラタワ・フォーバス」

https://item.rakuten.co.jp/kaguzaku/ti-cl-665-511/

「HandySponge[ハンディスポンジ]」

https://item.rakuten.co.jp/yamayuu/ti-cl-868-320-0/

「スポンジ スコッチブライト バスシャイン 抗菌スポンジ M型3層」

https://item.rakuten.co.jp/livingut/181218/

電動ポリッシャータイプもありますよ!

「バスポリッシャー 電動お掃除ブラシ」

https://item.rakuten.co.jp/kou-fuku/eshm204bljp/

「バスポリッシャー 電動お掃除ブラシ」

https://item.rakuten.co.jp/kou-fuku/gehm115bgjp/

「電動お風呂洗い機 電動回転ブラシ バスブラシ 長さ2段階調節」

https://item.rakuten.co.jp/kokouki/ay-2029/

「AGPTEK 風呂掃除ブラシ 充電式&無線操作 電動掃除ブラシ 5つ替えブラシ&延長ハンドル付き バスポリッシャー バスブラシ 掃除グッズ 防水 浴槽/キッチン/浴室/台所/窓/天井等に適用」

https://item.rakuten.co.jp/goodgoodsshop/es1g-r/

風呂をきれいに掃除するコツとは?天井や床の汚れを落とす!

特に天井や床の汚れは掃除が面倒です。そんなときに、コツがあれば掃除がしやすくなるでしょう。

以下では、天井と床の掃除で役立つコツをご紹介していきます。

風呂の天井掃除のコツ

ついでにできてしまう風呂の天井掃除は、ついつい放置してしまいがちです。

その結果、黒カビが繁殖してしまうのがやっかいなところです。

先ほどの柄付きのブラシやモップのような道具があれば、ひと拭きするだけでもカビ対策は十分ですよ。

お風呂用の道具がなければ、ウェットシートを付けたフロアワイパーを使っても良いでしょう。

風呂の床掃除のコツ

「皮脂汚れ、石鹸カス、赤カビ」は、アルカリ性の洗剤で落としましょう。

黒カビの除去には、カビ落とし専用の洗剤にして落ちない汚れには適した洗剤を使ってください。

まとめ

電動ポリッシャータイプは、強力な洗浄力があります。

しかし、重たいのと収納に困るというデメリットもあります。

他の掃除道具と見比べて、自分に合っているものを選んでください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村