初めての育児で家事と両立できない!どうしたらいいのか教えて!

初めての出産で育児に戸惑うばかり、育児に追われて家事に手が回らなくて困っている。育児と家事が思うようにできない!

今にも爆発しそうな奥様!家事と育児をご主人と分担する分担表を作りましょう。今回は、以下の内容で構成されています。

  • 家事と育児の分担表の作り方
  • ヘルパーの利用

家事は協力してもらおう!育児に専念できる分担表の作り方とは?

家事と育児の分担表を作る最大のメリットは、しなければいけない事を視覚化できることです。

奥様には自分自身がやるべきことの再確認になり、ご主人には家事と育児のたいへんさが伝えやすくなります。

分担の仕方のポイントは、あなたもやってね!という押し付けにならないことです。

まずは、家事と育児の量の多さを知ってもらうことで、妻は限界の状態であることを理解してもらいましょう。

分担表の作り方は、はじめに奥様が家事と育児のすべてをリストします。そのとき、やっていないことは付け足さないようにしてください。

無駄な分担作業を増やすことになってしまうので。

ご主人にやってもらう家事と育児は、家にいる時間帯に簡単にできることから担当してもらいましょう。

一度に全部を分けてしまうのではなく、少しずつ担当してもらうことを増やす形にしてください。そうするとご主人が家事と育児を続けやすくなります。

ご主人の限界と、奥様の限界を確認しながら、分担する家事と育児を見直していきましょう。

理想としては、育児ではミルクをあげることや紙おむつをかえることを最初に覚えてもらってください。

そうすればご主人自身の赤ちゃんへの愛情を深くなっていきます。

育児の苦労だけではなく、すばらしさも体感してもらえたら、ご主人も積極的になります。

合理的に作業を分けるばかりではなく、心情を大事にして家事と育児を分担しましょう。

家事と育児の両立に困った時の味方!ヘルパーを利用するのもいい!

心情を大事にして家事と育児を分担してみたけど、ダメだった!という場合は、ヘルパーを利用することを検討してください。

以下の様なサイトをご主人にも見てもらって予算がかかることも含めて相談しましょう。

  • 産後ヘルパー
  • 育児ヘルパー
  • ベビーシッター
  • 一時保育
  • 家事代行サービス
  • 家政婦

サービスを利用するメリットは、お金を出すことでサポートしてもらえるという割り切りができることです。プロですから、放棄や拒否をされることはありませんからね。

しかし、それはそのままデメリットにもなります。高い費用の問題と他人に赤ちゃんを預けるのは不安材料にもなるからです。

ですから、ヘルパーなどの支援サービスを利用するメリットとデメリットをご主人に伝えてみてください。それで、ご主人の意見も聞いてみましょう。

まとめ

家事と育児の分担もヘルパーの利用も、ご主人の理解がなければ実現できません。

一方的な意見をぶつけることのないように、上手に話し合ってください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村