一人暮らしを満喫したい!快適な部屋作りのポイントとは?

憧れの一人暮らし!若い人なら一度はやってみたいことですね。最初は小さな部屋かも知れません。

でも工夫次第で、快適に暮らせます。小さい部屋でも快適に住めるレイアウトやインテリア選びのコツを考えてみましょう。

一人暮らしで狭い部屋でも大丈夫!快適に住めるレイアウトとは?

部屋探しのとき一人用のマンションならば、ワンルームか1K、または1DKぐらいですね。

お部屋探しの時に、部屋の広さだけではなく以下の点に注意してください。

  • 窓の位置やクローゼットや押し入れがあるか
  • キッチンに冷蔵庫が置けるか
  • 洗濯機を置く場所があるか
  • コンセントがたくさんあるか
  • 出来るだけ収納場所が多い方が部屋があるか

すでにあるものを運ぶ場合でも、持ち物は少なくして部屋のサイズに合うか確かめる必要があります。

レイアウト

一人暮らしでもぜひ必要な家具は、ベッド、テーブル、ソファー、机などでしょう。いずれも部屋が狭い場合は小型のものがいいですね。

低めの家具にすると、空間を広く感じさせます。壁側にそろえてベッド、机などを置けるといいです。

縦に並べるのが無理ならばL字型にソファーを置くのもいいですね。窓側は開けておくと開放的で、ベランダを使うのにも便利です。

部屋の中ほどはできるだけ物をおかずに余裕を持たせましょう。小さめのラグを敷くと部屋が広く見えます。

収納場所が広ければ、収納ボックスや収納用の引き出しを入れてください。衣類だけでなく、本や日常雑貨などを入れておくと部屋がすっきりしていいすね。

もし収納場所が少ない時は、工夫してみましょう。隙間用の収納家具を探す、ベッドや机の下を利用するなどがお勧めです。

一人暮らしをもっとおしゃれに!部屋におすすめのインテリアとは?

明るい色に統一しましょう。出来るだけすっきりまとまったお部屋にする方法もあります。

家具やカーテンなどのインテリアは白や茶色など色を統一するのがコツですね。明るい色の方が、開放感があって広く感じます。

多目的のインテリアを使いましょう。ソファーベッドなら、昼やソファーとして、夜はベッドとして使えるので、スペースを減らせます。

テーブルも足折れタイプやテーブルの長さの調節ができるものを使うと、すぐ片付けられて便利です。

インテリア調のおしゃれなこたつを、夏はテーブルとして使うという方法もあります。タンスを置けないならばハンガーポールやコートハンガーなどを置く方法もお勧めです。

衣類や帽子、バッグなどをまとめて掛けておくと部屋はすっきりします。工夫次第で狭いお部屋も素敵なお城に大変身です。

まとめ

一人暮らしで部屋が狭い時は、出来るだけ、持ち物を減らして、低めの家具を使いましょう。

壁際にベッドや机をまとめておいて、くつろげる空間を残しましょう。

インテリアは明るい色で統一し、多目的に使える家具で、コンパクトに物を収納しましょう。

使い勝手の良い素敵なお部屋を作って快適な生活をしたいですね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村