風呂の鏡についた水垢がレモンで落ちる?どうやって掃除するの?

お風呂場にある鏡はいつの間にか白くてうろこ状のものがついてしまうことがありますね。ちょっとスポンジでこすったくらいでは落ちません。

これは水道水に含まれているミネラルが結晶化したものです。このミネラルの成分はアルカリ性なので、酸性であるレモンが汚れ落としに有効です。

またクエン酸を使ってきれいにすることもできます。レモンやクエン酸を使って風呂場の鏡についた水垢をきれいにする方法をご紹介しましょう。

レモン効果で風呂の鏡が驚くほどきれいに!水垢の取り方とは?

レモン汁できれいにする方法をご紹介します。

用意するもの

  • キッチンペーパー
  • レモン汁、ポッカレモンでも可
  • ラップ
  • スポンジ

掃除の仕方

  1. キッチンペーパーにレモン汁(約100㏄)を浸す
  2. キッチンペーパーを鏡に貼り付ける。できるだけ密着するように手で押さえる。
  3. その上からラップをかけて、しばらく(30分~2時間)放置する。
  4. ラップとキッチンペーパーをはがしてスポンジで水垢をこすり取る。
  5. シャワーや濡れ雑巾で汚れを落とす。
  6. 乾いた雑巾で水気を拭き取る。

こうすれば水垢は取れてすっかり元通りになります。

水分が残っているとまた水垢汚れの原因になるのでよく拭き取ることが大切です。

レモンだけじゃない!風呂の鏡の水垢はクエン酸でも落とせる!

レモンの臭いが気になる人もいるかもしれませんが、無臭のクエン酸でも水垢を落とせます。

用意するもの

  • クエン酸
  • スプレーボトル
  • キッチンペーパー、

掃除の仕方

  1. 100㏄の水にクエン酸小さじ1/2を加えてスプレーボトルに入れて、クエン酸スプレーを作る
  2. 水垢の着いた鏡にクエン酸スプレーを吹きかけ、キッチンペーペーを貼り付ける。
  3. 再度スプレーを吹きかけて、キッチンペーパーにクエン酸がしみ込むようにする。
  4. 2時間ぐらい放置してから、キッチンペーペーをはがす。
  5. スポンジなどでこすり洗いをして汚れを落とし、水洗いしてから乾拭きする。

数年間も放置した頑固な水垢は最初にレモンやクエン酸でパックしてください。そして磨いた後、歯磨き粉を着けたメラミンスポンジでこすり洗いで綺麗に落とせます。

水垢は放置せずに、1か月に1度はレモンやクエン酸を使ってきれいにしておきたいものですね。

まとめ

風呂場の鏡についた白いうろこ状の汚れは、水道水に含まれるミネラルが結晶でしたものです。

酸性のレモン汁やクエン酸をキッチンペーペーに含ませて貼り付けてください。それからスポンジでこすり洗いをして、水洗い、乾拭きをすればきれいになります。

頑固な汚れになる前に、定期的に水垢掃除をして、いつでもピカピカの鏡を使いたいものですね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村