お昼に麺ってどうやって持っていく?おすすめの弁当箱はある?

最近は、お弁当に麺類を詰めていく人が増えています。例えば以下の物が弁当としてお勧めです。

  • ナポリタン弁当
  • 明太クリームパスタ弁当
  • 焼きそば弁当
  • ラーメン弁当
  • パッタイ弁当
  • ジャージャー麺弁当
  • そうめん弁当
  • 冷やし中華弁当
  • ビビン麺弁当
  • うどん弁当

今回の話題は以下の内容になります。

  • 麺類に弁当がくっつかないようにする工夫
  • 象印の弁当箱が麺類にピッタリ!夏においしく食べる詰め方

私もやってみたい!と思っている人は、どうぞご覧ください。

麺弁当をくっつかないようにする方法とは?油の上手な使い方について

麺弁当をくっつかないようにする方法は、以下の様になります。スープと別にするラーメン弁当やそうめん弁当の場合で書き出します。

  • 麺に油を絡める
  • ひと口サイズにクルッとさせて弁当箱に詰める

ラーメンなど中華麺には、ごま油を絡めましょう。スープジャーの容器にスープを入れておき、つけ麺タイプのラーメンとして食べてください。

スープに麺を浸したら、ほぐれますよ!うどんやそうめんなどは、ひと口サイズずつ巻いてからお弁当箱に入れるだけで大丈夫です。

さらに、お弁当カップを利用すると大きなかたまりにならないようにすることができます。それでも少しくっついて固まったようになりますが、つけダレに入れればスルスルと食べられます。

なので夏のお弁当には一度そうめん弁当か冷やしうどん弁当を試してみてください。

象印の弁当箱が麺類にピッタリ!夏においしく食べる詰め方とは?

麺とスープを分けて持っていきたい場合は、象印のジャータイプの弁当箱が便利です。いくつか紹介しますので、これが良いかなぁと思うものをチェックしてみてください。

麺をタッパー(または弁当箱)に入れて、スープとフルーツをジャーで持っていくなどのパターンもあります。

ジャーのサイズ(容量)や容器の数を見て、自分の用途に合わせて選びましょう。

まとめ

ラーメンなど中華麺には、ごま油を絡めましょう。うどんやそうめんなどの麺は、ひと口サイズずつ巻いてからお弁当箱に入れるだけで大丈夫です。

さらに、お弁当カップを利用するなどして小分けすれば大きなかたまりにならないようにすることができます。

スープやつけダレはスープジャーで持っていくといいですよ。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村