出産の入院はいつから準備する?バッグはどんなものがいいの?

今回の話題は、「出産の入院に向けて準備するバッグ」です。

お伝えするのは、「出産の入院準備はいつから?」と「バッグを陣痛用、入院用、退院用で分けて準備する方法」です。

初めての妊娠で参考にしたい女性の皆様!どうぞ、ご覧ください。

出産準備を始めたい時期とは?使いやすいおすすめバッグをご紹介!

出産準備を始めたい時期は、妊婦さんの体調が落ち着くころ、赤ちゃんの性別も分かってくるころです。

体調で言えば、つわりもひと段落して、まだお腹もそこまで出ていないころです。動きやすいころなら、出産準備もイライラすることなくできます。

赤ちゃんの性別も分かれば、ベビー用品も準備しやすくなります。具体的には、妊娠6~8か月ころが目安になります。

おすすめバッグは、楽天からチェックしておきました。

出産は入院と陣痛でバッグを分ける!準備はいつからか決めよう!

出産の準備は、体調が落ち着く妊娠6か月くらいになったら、その段取りを決めてしまいましょう。

出産に向けてバッグの準備は、陣痛用、入院用、退院用で分けると、その都度の場面に起こることに対処しやすくなります。

それぞれのバッグの中身については、一般的に準備されるものを紹介しておきますね。

陣痛用バッグの中身は次のようになります。枚数は目安として参考にしてください。

  • 母子手帳
  • 保険証
  • 印鑑
  • うちわ
  • テニスボール(陣痛の緩和やいきみ逃しのために使う)
  • ペットボトルの水とストローキャップ
  • 簡単につまめるお菓子
  • ヘアゴム
  • リップクリーム
  • ハンドクリーム
  • デジカメ(スマホ)
  • 産褥ショーツ(1枚)
  • 産褥パッド(1枚)
  • 母乳パッド(1枚)

入院用バッグの中身は次のようになります。入院になると、衣類の枚数が増えます。

  • 骨盤ベルト
  • 円座クッション
  • ノンカフェインの飲み物
  • レンジ対応マグカップ
  • 薄目のタオル
  • スキンケアアイテム
  • ヘアケアアイテム
  • メモ帳とボールペン
  • 産褥ショーツ(3枚)
  • 産褥パッド(Lサイズ4枚、Mサイズ10枚)
  • 授乳対応パジャマ
  • 授乳キャミソール(2枚)
  • ふわふわ靴下(2枚)
  • メデラのピュアレーン(乳頭ケアクリーム)
  • 母乳パッド(数枚)
  • 携帯充電器
  • 赤ちゃん用爪切り
  • 小銭
  • 小さいトートバッグ
  • カーディガン

退院用のバッグの中身は次のようになります。こちらは、出産後に必要となるものです。

  • ベビー肌着
  • カバーオール
  • おくるみ
  • 自分の退院着
  • ガーゼハンカチ
  • クリアファイル

まとめ

出産準備は体調が落ち着く妊娠6か月ころからが始めやすいです。

おむつの購入についてはサイズの問題もあり、赤ちゃんの大体の体重がわかる臨月あたりになるでしょう。

バッグは、入院用、退院用で分けると、その都度の場面に起こることに対処しやすくなりますよ。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村