キッチンの床が油汚れで滑る!どうやって掃除したらいい?

今回の話題は、キッチンの床に付着している油汚れの掃除です。キッチンの床の油汚れをすぐにキレイにしないと、ベタつきがひどくなってしまいますよね。

その油汚れのベタつきを踏んでしまうと、床のあちらこちらにベタつきが広がってしまいます。ペットをお部屋で飼っている場合は、たいへんなことになりますね。

このページでは、

  • 「キッチンの床掃除の油汚れについて」
  • 「キッチンの床掃除の油汚れに重曹を使う方法」

をお伝えします。

キッチンの床を掃除する方法とは?油汚れをキレイにふき取る!

油汚れをキレイにする掃除で、もっとも適している「重曹を使う方法」は、次の項目でお伝えします。ここでは、「キッチンの床掃除のコツ」をポイントにしてお話を進めていきます。

キッチンの床は、油やソースなどをこぼしたときだけなく、日常的に料理中の油が飛ぶことが積み重なるように汚れていることがあります。

特に注意したいのは、コンロ周辺の床。日頃の手入れとしては、料理したあとに「すぐ油汚れをキレイにふき取る」ことは大事です。

そのように毎日掃除をするのであれば、床にも利用できる「住宅用の洗剤」や「食器用洗剤」が使えます。

「住宅用の洗剤」または「食器用洗剤」を水で薄めて、それを雑巾に濡らして固く絞ってから床を拭いてください。

洗剤の強さでワックスが剥がれた状態になったときは、定番中の定番である「リンレイのワックス」を使ってワックスがけしましょう。

キッチンの床掃除に役に立つ!油汚れに重曹が効果を発揮!

油がこぼれたばかりの場合は、その油に粉末のまま重曹をふりかけましょう。これは、粉末の重曹に油を吸わせることが目的です。

粉末の重曹が油を吸い取ったところを確認できれば、床を傷つけないように注意しながらキッチンペーパーで拭き取ってください。

油汚れが付着している場合

油汚れが付着している場合は、スプレーボトルに水100mlと重曹小さじ1杯を入れた「重曹スプレー」を使いましょう。

油汚れが付着しているところに直接吹きかけて、雑巾で拭けばベタつきがスッキリ落ちます。

まとめ

汚れたばかりであるなら、油汚れでも洗剤を使わなくても水拭きするだけで落とせます。

ベタつきがひどくて洗剤を使う場合は、「住宅用の洗剤」または「食器用洗剤」を水で薄めて、それを雑巾に濡らして固く絞ってから床を拭いてください。

重曹は、粉末のまま使う方法と重曹水にして使う方法があります。本文でお伝えした内容をもう1度確認して上手にお使いください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村